アイリスオーヤマ『ヨーグルトメーカー(IYM-011)』は、お気に入りの牛乳で、パックそのままにヨーグルトを作ることが出来る。

調理温度と時間があらかじめ設定されており、別容器に移し替える手間が無く、手軽にヨーグルト作りが楽しめる製品。以前ブームを呼んだカスピ海ヨーグルトも作ることが出来る。それでは実際に作ってみよう。

牛乳パックでそのまま作るからお手軽!

『ヨーグルトメーカー(IYM-011)』(約650g・税別4,980円・2016年10月31日発売)の本体の造りはとてもシンプル。

操作パネルには「プレーン」「カスピ海」の2種類のヨーグルトのボタンのみ。付属品は牛乳パック用ふた、計量スプーン、取扱説明書。電源コードの長さは約1.3m。本体の重さは約650gととても軽く移動させるのは楽々。

一般的なヨーグルトメーカーであれば、ヨーグルトを発酵させる際に専用容器などが必要。また作る際には、煮沸消毒など行い衛生面には十分に気を付けなければいけない。

もちろん、こちらも衛生面には気を付けなければいけないが、牛乳パックをそのまま利用出来ることで、気軽に作ることが出来るのではないだろうか。

まずはプレーンヨーグルトを作ってみよう!

必要なのは、新鮮な牛乳とスターターとなる市販のプレーンヨーグルト。今回は、スーパーで普通に購入出来るタカナシ乳業の北海道3.7牛乳(500ml)と明治ブルガリアヨーグルトをスターターに用いて作ってみる。

まずは、計量スプーン、牛乳パック用ふたを熱湯消毒する。雑菌がはいってしまうと、ヨーグルトはうまく作ることが出来ない。

牛乳パックの注ぎ口を全部開き、ヨーグルトを作る分だけ残して牛乳を他の容器に移す。牛乳は常温にもどしておくと良い。また、牛乳パックは必ず未開封の新しい物を使用すること。

市販のヨーグルトをスターターにするときは、牛乳の10分の1の量を加えてよく混ぜ合わせてふたをする。今回は500mlパックで作るので450㏄分を残し、スターター(プレーンヨーグルト)を50ml入れた。牛乳パックを本体に入れて、蓋をする。

電源を入れて、「プレーン」を選択するだけ。プレーンヨーグルトの場合は約40℃に温度設定してある。500mlパックでは、5~8時間で完成する。本体は12時間で自動的に電源が切れるようになっている。タイマー機能はない。

今回は約8時間で取り出してみたところ、固まっていたので冷蔵庫へ。

牛乳パックでヨーグルトの完成。お味はもちろん申し分なく、フレッシュな美味しさを楽しめる。

ならば以前ブームを呼んだカスピ海ヨーグルトにもチャレンジしてみよう。

カスピ海ヨーグルトを作ってみよう!

続いてカスピ海ヨーグルト。スーパーで一般的に販売されているフジッコ「手づくりカスピ海ヨーグルト種菌セット」を使用。

こちらは500mlの牛乳パックにそのまま種菌1包を加えるだけ。

本体の温度は約27℃に設定されているので、カスピ海ヨーグルトのボタンを選択して発酵させる。12時間で自動的に切れてしまうが、こちらの種菌は24時間が完成目安。

12時間後にもう一度スタートボタンを押し、発酵を続けた。固まっているのを確認して、冷蔵庫へ。

カスピ海ヨーグルトはとろりとした独特の粘りがあり、マイルドな味わい。

どちらのモードも、安定した温度で作ることが出来るので美味しさは申し分ない。

牛乳パックで作れるが、ちょっと気になる点が…

牛乳パックで作る為、口の部分が開いてしまったり、取り分けにくかったりする。付属の牛乳パック用ふたは、ただかぶせるだけの仕様でホールド力はない。こういう点はやはり専用の容器の方が扱いやすいかなと感じた。

また1リットルの牛乳パックで作った場合は、かなりの量となるため、すぐに食べきらない場合は何か別の清潔な容器に移し替えた方が良いと思う。付属の計量スプーンでは、長さが足りず取り出しにくさもあった。

また取り出す時に牛乳パックの口にヨーグルトがつきやすく、そうすると雑菌も繁殖しやすくなってしまう。

作りやすいのは500mlサイズ!

またタイマー機能はないので、時間の設定は出来ない。プレーンの場合は8時間程度で発酵、今回のカスピ海ヨーグルトの種菌は24時間発酵にかかる。手動でスイッチの入/切をしなければいけないので、簡単なタイマーはあっても良いのかなと感じた。

ヨーグルトをお気に入りの牛乳をベースに、日常的に気軽に作ってみたい人に!

とてもシンプルなヨーグルトメーカーなので、気軽に毎日作ってみたい人向け。フレッシュな美味しさは間違いないので、日常的にヨーグルトを摂取したい人や、家族の人数が多く、ヨーグルトの消費が多い人にはおススメだ。

今回紹介した商品には「ヨーグルトメーカープレミアム(IYM-012)」(税別6,980円)もある。

こちらは温度を1℃刻みで25~65℃、時間は1時間刻みで1~48時間まで設定可能。プレーン、カスピ海、ケフィアなど様々な種類のヨーグルトを最適な時間、温度の組合せで作ることができる。またヨーグルト以外にも甘酒や納豆、塩麹なども調理可能。

権利侵害申告はこちら