34歳の誕生日を迎えた上原多香子

1月14日に34歳の誕生日を迎えた、女優の上原多香子さん。

誕生日翌日の15日にはブログを更新し、姉家族と楽しいひと時を過ごしていたことを報告しました。

1月14日
またひとつ年を重ねることができました
お誕生日は姉家族とあたたかな時間を過ごしました!

甥っ子&姪っ子からは七五三の写真とお手紙をプレゼントされたのだそうです。

亡き夫TENNの母からもメッセージが…

家族や、多くのファンから祝福のメッセージが届く中、2014年に死別した夫でJ-POPユニット「ET-KING」の元メンバーTENNさんのお母さんからもメッセージを受け取っていたことを明かしました。

大阪の母からも
素敵なメッセージをいただきました

『過去には帽子は脱いで 敬意を表し 
未来には上着を脱いで 立ち向かいなさい』
寒い時に生まれた私たちは、きっと誰より春の輝きを待っている

お母さん、ありがとう

TENNさんの死から2年以上経つ今も、義母は“もう一人の母”として上原さんを思い続けていることがよくわかりますね。

優しくも力強い言葉で、未来を向いて歩き出した上原さんの背中を強く押していることが感じられます。

「息子の骨は渡せん」と遺骨を持ち帰った義母の真意

TENNさんが亡くなったのは2014年の9月。仕事もプライベートも順調と思われていた矢先の自殺に、多くのファンが悲しみの声をあげました。

実は葬儀後、喪主を努めた上原さんの元ではなく、大阪の実家に全て引き取られていたというTENNさんの遺骨。
一部では、「嫁姑の骨肉の争いなのでは…。」とも噂されましたが、実はこれにも、義母による上原さんへの思いが隠されていたのだそうです。

夫を亡くした時、上原さんはまだ31歳。まだまだ先が長い人生のなかで、新しいパートナーと出会うことを考えて息子の遺骨が上原さんの人生の“足かせ”になってはいけないと思った義母は、「息子の骨は渡せん、うちで預かる。」と言って遺骨を持ち帰ったのだそうです。
(エピソードは「NEWSポストセブン」2014年10月2日の記事より)

素敵すぎる嫁姑関係

親子でいた時間はたった2年でも、義母にとって上原さんはかけがえのない存在になっていたに違いありませんね。

夫の死から約1年後に芸能活動を再開させ、現在はドラマや舞台を中心に活躍を続けている上原さん。そんな彼女の活躍を誰よりも喜んでいるのは、他ならぬ義母なのかもしれません。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら