知られざるママの実態や本音を紹介するコーナー「ママのホント。」

もし、ご主人が「家業を継ぐ」と話してきたら、あなたはどんな反応をしますか?

引っ越しが伴うでしょうし、お子さんの通う場所も変化します。もしかしたら、収入も大きく減るかもしれません。それでも、素直に応援することができるでしょうか。

今回は、実家の農家を継ぐという主人の提案に反対できず、今もなお後悔をするある一人の女性にお話を伺いました。

「主人から、家業を継ぐと決めたと言われ、反対できませんでした。でも、きっと色々悩んでいて…こんな結果になってしまいました」

仕事へやりがいを感じ、安定していたあの頃の暮らし

「主人は公安系の仕事をしており、とても真面目な人でした。わたし自身は妊娠を機に仕事を退職していて専業主婦をしていたんですが、2人の息子に恵まれ、とても穏やかな日々。それに主人も仕事へのやりがいを感じているようで、順風満帆でした」

なにを伺っても“真面目な主人”という奥様。仕事にも家事にも一生懸命で、育児にも積極的。それを「俺はイクメンだ!」なんて言わないところも素敵だったと教えてくれました。

そんな安定した暮らしが、崩れてしまうキッカケになってしまったのは、ご主人のある決断でした。

実家の農業を継ぐと言われ、反対できなかった

「主人の実家が農家だということは出会った頃から知っていました。でも、農家を継ぎたいということは全く聞いていなかったので、主人の口から『家業を継ぐ』と言われたときには戸惑いました。でも、本人がやりたいことをやるのが一番だと思い、息子達を連れて主人の地元へ引っ越しました。

本当は、今まで通りの暮らしがしたかったです。息子達も幼稚園に行ってお友達がたくさんいましたし、買い物にも出かけるにも便利な場所で暮らせていたので、農家になるというのは大変なんじゃないかと。でも、それを言えなかったんです」

心の中では反対をしていた奥さん。しかし、本人は悩んだ末、退職そして農家になることを決めたのだろう…と気を使い、それをご主人に伝えることはありませんでした。

気付けば夫から笑顔が消えていた。そして…

農家としての暮らしは想像以上に過酷だったといいます。

「農業は、努力がすべて反映される仕事ではありません。雨の日も風の日もなにかとやることがありますし、肉体労働。わたしも幼稚園の送り迎え以外の時間は仕事を手伝うようになりました。主人のご両親は『これで安心だ』と言って幸せそうでしたが、気付けば主人からは笑顔が消えていました

農業をはじめ、自然を相手にする過酷さと今までの仕事への未練とで精神的に落ち込むご主人は、鬱病を患い通院することになってしまったのそう。

そして、農家を継いで1年半。倉庫で自殺する夫の姿を発見したのは、奥さんでした。

「言葉にできません。でも、わたし以上にご両親が深い悲しみに沈みました。『私たちが一緒に農業やらないかと言ったせいで…』と、今でも責任を感じています。死を選ぶ他にも、主人に残された選択肢はあったのではないかと思うと悔やみきれません」

農業がどうしても合わないと感じたのなら、また都会に戻って仕事を探せばよかった。家業を継ぐことを断りきれなかったことに悔やんでいるなら、愚痴をこぼしてくれればよかった。鬱病を患い、最悪の結果になってしまったこと…家族の支えと理解がありながら、悲劇が引き起こりました。

息子達には『頑張れ!』よりも『頑張りすぎないで』と伝えたい

残された奥さんと息子さん2人…現在はなにを思い暮らしているのかを伺いました。

「周囲の期待に応えようとする気持ちも大事です。でも、“頑張ること”ばかり考えていては、人って壊れてしまうんじゃないかと。

だからわたしは息子達には『頑張れ!』というよりも『頑張りすぎないでね』と話しています。頑張ることはいいことだけど、頑張りすぎないことも大事。守りたい人ができたとき、その人を守り切れる余裕がある人間になってくれるように、息子達にはいつもそう聞かせています」

正社員として会社に再就職を果たし、女手ひとつで息子さん2人を育てる奥さん。ご主人を失った今でも、ご主人の真面目さとひたむきさは家族に根付いていました。

亡くなったご主人、3人が懸命に生きる姿は見えていますか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 コンテンツハートKIE このユーザーの他の記事を見る

代表を務めるのは元船舶料理士、フリーライターとして活動し6年目になるKIE。仕事、育児、家庭、家事…”なにも諦めない生き方”の実現を目指し、やる気に溢れたママさん達とライター集団を結成。心にそっと寄り添う、日常に彩りを添える記事の執筆を目指し活動しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら