14か月前にトルコで生まれた男の子の顔には、両親も目を疑うようなバースマークがついていました。

彼が生まれてすぐには、誰も顔のマークのことには気がつきませんでした。

しかし、誕生後に看護師が赤ちゃんの体を拭いていてそのマークに気がつきました。

赤ちゃんの額には、くっきりとした赤いハートマークがついていたのです。

そのマークを最初に見つけた看護師は「オーマイゴッド!彼は”Love Baby(愛の赤ちゃん)”だわ!」と叫んだそうです。

これには両親も大変驚きました。2人とも我が目を疑ったそうです。

赤ちゃんを産んだ母親は、そのマークを見てうれしくて思わず泣き出したそうです。

誰もこのバースマークが顔についていることに対して、負の気持ちを持った人はいませんでした。

両親は、このマークを見て、この子は神様から授かった贈りものだと感じたそうです。

現在、この赤ちゃんは14か月になっています。額のハートのバースマークも消えずに残っています。

両親が赤ちゃんを連れて外に出ると、人々が自然に寄ってきて、一緒に写真を撮りたがるそうです。

この赤ちゃんは、とても人気者になっていて、人々から「Love baby」と呼ばれているそうです。

また、一昨年11月に額の真ん中にハートのバースマークを持って生まれた赤ちゃんもいました。

こちらの赤ちゃんは、さかのぼって計算すると、なんとバレンタインデーに母親のお腹に宿ったという計算になるそうです。

こちらは額の真ん中にハートマークを持って生まれた女の子

顔にバースマークをもって生まれることは、両親は避けたいと考えがちなことかもしれませんが、それがハートマークの場合は、このように喜ばれるのですね。

額にあるということも神様からの贈り物だと受け取られる要因かもしれません。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら