Licensed by gettyimages ®

夏の夜を彩る儚いホタルの光はとても幻想的な世界。「ホタルの光に導かれて、夜の小道を散歩」だなんてロマンチック♡

そんな、夏の風物詩のホタルなんですが、ご当地アイスとでもいうのでしょうか。宮城県登米市にある"道の駅林林館"では「源氏ボタルアイス」が販売されています。

そのアイス…蓋を開けてびっくり。ホタルの概念を根底から覆されずにいられない。私たちの知ってるホタルじゃない!想定外の中身が話題になっています。

Twitterユーザーのピロリさん、道の駅林林館で『源氏ボタルアイス』を購入。しかし、中身が想定外。いろんな意味でとんでもないアイスだったのです。

出典 https://twitter.com

こちらが、購入されたアイス。まず思うのは「『源氏ボタルアイス』ってどんな味?」「ホタルの味ってどんな味?」と考えてしまうのですが、原材料を見る限り、チョコレート味なのでしょうか。

しかも、ホタルの光は金箔で演出されていると思われます。なんて豪華なアイス。そして、実食!蓋を開けてみると…

出典 https://twitter.com

え…?えーーーーー!!!これどう見ても!!

筆者の目がおかしくなければ蜂にみえるのですが…皆さんには何に見えますか?ホタルどこ?(笑)

出典 https://twitter.com

拡大してみました…やはり(笑)

源氏ホタル

Licensed by gettyimages ®

こちらは源氏ホタル…縞々ないですし、羽もかなり違いますよね(笑)
源氏ボタル、体色は黒、前胸部の左右はピンク色で、中央に十字架の形の黒い模様があります。縞々ではないんですよね。

素朴な疑問なのですが、ホタルはなぜ光るの?実は、この光で他の個体と通信を楽しんでいると言われています。清流を好むホタル、ホタルを呼び戻そうとの活動も多く、少しずつですがその数は増えつつあるようです。また、日本で「ホタル」といえば源氏ボタルを指すことが多く、皆さんにもっとも親しまれているホタルでもあります。

なのに…なぜ蜂?(笑)

この投稿には多くのツッコミ?!が寄せられています。

・こんなんずるいわ!

・これは蜂です。後ろにあるのは蜂のおならプーです。

・暗いところで光ったりはしないんですかね?せめて…

・コレはwww製造会社は何考えてるんでしょうねえw

・はちやないかーいwって突っ込んでみるw

出典 https://twitter.com

「ホタルに見えます」との声は一言もありません(笑)皆さん蜂にしか見えないと…このアイス、チョコレート味かと思っていたのですが…胡麻の味しかしないそうで、ピロリさんのお子さんが食べたら…

苦いんだそうです(笑)逆に興味がわきますね。食べてみたくなる!宮城県登米市にある国道346号の「道の駅林林館」。源氏ボタルアイス、価格は税込み280円。食べてみたいと思った方、近くにお越しの際は是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら