「もったいない」は、日本にしかない言葉だそうだ。日本人固有の美徳だと思っていた…が、実際、「もったいない」精神を行動に移している人がどれだけいるだろうか?

問題になりつつも、「仕方ないじゃん」と流されがちなのが、「食品ロス」。日本は、まだ食べられる食品を大量に廃棄する「食品ロス大国」らしい。

『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか(幻冬舎新書)』(井出留美/幻冬舎)は、「ほとんどの賞味期限は2割以上短く設定されている」ことや、「コンビニがスーパーより高いのは『捨てる前提』だから」など、消費者が知らなかった新事実を明らかにし、食品ロス問題について多方向から論じている一冊である。

まず、「賞味期限は2割以上短く設定されている」ということに関して。消費期限(その日までにきっちり消費する必要がある)と違い、賞味期限は「おいしく食べられる期限」を表している。

期日を過ぎても「食べたら即、健康に関わる」ということでもないし、なおかつ、それは「2割短く設定されている」。

賞味期限は各企業や業界の判断で決めているものだが、これを短く設定しているのは、出荷された後の流通経路や家庭・店舗の保存環境によって、「おいしい」の期限が変わってくるため。安全を期して、短く設定しているのである。

だが海外と比べても、日本は賞味期限を短く設定する傾向にあるそうだ。湿度が高いことも一因だが、安全に対する要求レベルが高いことも一つの要因らしい。

安全に関わることなので一概には言えないけれど、つまり、適切な保存状態であれば、賞味期限が切れた食品でも、すぐに捨てる必要はないということ。

もちろん、自分の目で見て、匂いを嗅いだりして、最後は自己責任で食べるか否かの判断をすることになるが、食品ロスを減らすためには、賞味期限を「守り過ぎる」「安全性に敏感すぎる」のは考え直した方がいいと感じた。

また、本書を読んで一番驚いたことを一つ。コンビニ商品が割高なのは、捨てることを前提にしているからというもの。

もちろんそれ以外の理由でも、商品コストは高くなっているのだが、それに加えて「捨てる前提」の「捨てる費用」があらかじめ商品価格に織り込まれているのも理由の一つらしい。

コンビニだけではなく、飲食店でも同じような状況にあるのだとか。便利さの裏側には大量の廃棄があり、その捨てるお金まで私たちが払っているという事実は、驚きだった。

食品ロス問題は食品業界や各企業が抱える事情から、もたらされる場合もある。一方、私たち消費者の意識で大きく違ってくることでもあるのだ。

本書を読んでいて、私は食品ロス問題を他人事ではないと感じた。こういった意識は、正しい知識を持つことで高められる。本書はその知識と「具体的にどうすればいいのか?」を教えてくれる。

一人一人のちょっとした行動が、この問題を大きく改善させるのではないだろうか?

…真面目に考えよう、食品ロス問題。

権利侵害申告はこちら