生活に役立つソレマルな情報や、様々な雑学などを紹介する番組「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜(テレビ東京)」で紹介されていた

セーターを綺麗にしまえるソレマル新常識

これが「使える!」「この発想はなかった!」と現在、ネットを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

ジャケットやワンピースなど、“型崩れ”しない衣類であれば、ハンガーにかければ収納完了ですが、ニットやセーターなどは、同じようにハンガーにかけてしまうと、首回り、及び、肩部分が伸び、変な跡がついてしまったり。

また、知らない間に、ハンガーからズレ落ちてしまうことも…。

そんな時に役立つのが、今回紹介する「セーターやニットをハンガーにかけて綺麗に収納する方法」でして、特別なアイテムを用意する事なく、数回練習すれば習得できる…このライフハックは

覚えなきゃ損!と言っても過言ではないレベル!

では、収納の常識が変わる…便利すぎるライフハック。早速ですが、紹介していきたいと思います。

出典kota60撮影

なお、わかりやすいように子供のフリースで手順を紹介致しますので、その点、ご了承下さい。(笑)

目から鱗!超絶役立つ「セーターやニットをハンガーにかけて綺麗に収納する方法」

出典kota60撮影

まず、セーター、及び、ニットを半分に折り畳みます。

出典kota60撮影

次に、折り畳んだセーターやニットを

出典kota60撮影

グルっと回転!

Vの字になるように配置します。

出典kota60撮影

そして、Vの字の付け根部分(上部)に、ハンガーのフックがくるように、ハンガーを設置し…

出典kota60撮影

袖部分を

出典kota60撮影

ハンガーの中に通していきます。

出典kota60撮影

ニットでやるとこんな感じ!

伸び伸びニットである事は触れないで下さい。(笑)

出典kota60撮影

あとは…

出典kota60撮影

胴体部分を、袖部分と同じようにハンガーの中に入れ

出典kota60撮影

シワを伸ばせば…

セーターやニットをハンガーにかけて綺麗に収納する方法

完成です!

※ハンガーのフック部分(首)と、下のバー部分が“ストッパーの役目”を果たし、ズレを防止。絶妙に固定されますよ!

出典kota60撮影

逆側から見ると…こんな感じ!

これなら生地が伸びてしまったり、落ちてしまう事もありませんよね!

出典kota60撮影

型崩れと永遠におさらば出来る…このライフハック。

なお、コツとして、袖、及び、胴体を、ハンガーの中に入れる際、出来るだけハンガーの付け根に沿って入れると、ズレる事なく、綺麗に収納する事が出来ますので、収納の常識が変わる…セーターやニットのハンガー掛け!

是非、この機会に習得し、生活にお役立て下さいね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら