記事提供:Conobie

長男が産まれた直後のお話です。

兎にも角にも眠たい

常に寝ていたいタイプの私が、1人目、新生児育児で初めて、『眠たいのに寝れない』という、まさに苦行を経験したのです。

常に眠たい。しかし、まとまって寝てくれるタイプではなかった長男。

よく寝て1時間。ひどい時には30分おきに泣いていました。

特に、

『こうしたらよく寝るようになった!!』

『こうして解決した!!』

的な、タメになるようなことは一切出てきませんので、期待せずにご覧ください(笑)。

私がしたこと。それは自分に『暗示をかけること』でした。

そして、全身全霊をかけて『全力で』寝ていました。

これ、思い込みの激しい私ならではの方法なのですが、続けていると、不思議と短時間睡眠でもすっきりするようになってきました(笑)(※もちろん個人的意見です)

そして昼。

夜と違い、絶対ベッドでは眠らなかった長男。

そんな時は、20分だけ仮眠するようにしていました。

30分以上寝てしまうと、逆に『もっと寝たい…』とスッキリしなかったのですが、この20分だけというのが良かったです。

仮眠と言っても完全に爆睡するわけではなく、目を閉じているだけの状態なのですが、(抱っこしながらなので)短時間ですが意外とスッキリしました。(これもあくまで個人的意見ですが)

こうして自分の体を『短時間・細切れ睡眠でも大丈夫な体』につくり上げていき、なんとか苦行を乗り切ったのでした。

権利侵害申告はこちら