数々のバラエティ番組やドラマに出演し、先日まで放送されていた『逃げるは恥だが役に立つ』ではキレッキレの恋ダンスを披露したり、奥様である乙葉さんとの共演も話題になった藤井隆さん。

先日ご自身のTwitterに不謹慎なツイートを受け、その対応が素晴らしいとネットで話題になっています。

「殺すぞ」というツイートを見た藤井さんは…

藤井さんが家族と過ごしている時に、藤井さん宛にTwitterに「殺すぞ」というツイートがされたそうです。

このツイートを見た藤井さんは「最初で最後にします。」と前置きした上で、「そんな品のない言葉に私は慣れるつもりはないですし充分こちらは嫌な気分になっておりますので大成功なさってるんですね」と投稿し、そのツイートに対して嫌悪感と怒りを露わにしました。

家族といる時の幸せな時間を言われもないことで気分を害された気持ちは想像するだけで嫌なものです。続けて藤井さんは

と続けてツイート。「送信元を可哀想な人とも思わないです。同じ身分なので。」「下品な言葉に心を支配される必要も無いので。」と送信されたツイートを軽くあしらうと、「大変失礼しました」とこのようなツイートをしたことを謝りました。

芸能人のTwitterではこのように汚い言葉や暴言を言われるケースがよくありますよね。送信者は恨みがあるのか嫉妬なのか、注目を集めたいだけなのかは分かりませんが、こういった暴言に対して毅然と対応する藤井さんはとても素晴らしいと思いました。

この藤井さんの対応にネットからも「さすがです」

と藤井さんの対応に多くの称賛の声が寄せられました。暴言を吐かれてヒートアップせずに冷静に対処された藤井さんのあしらう行動は、芸能人ではなく一般のTwitterユーザーも見習う点が多くあるように感じます。

Twitterといえども、「殺す」は逮捕される可能性も

ネットや掲示板に「殺す」などといった書き込みで逮捕されたというニュースはたまに見かけますよね。場合によってはですが、「殺す」と言われて警察に被害届けを出した場合に脅迫や威力業務妨害で逮捕されることがあります。

いくらSNSだとしても何千万人もの人がいている公共の場であり、軽はずみな言動は今回のように相手を傷つけてしまうため、筆者も自戒の念をもって注意していくとともに、もし自分がこのようなことを言われた場合は、藤井さんのように毅然とした対応をしたいと思いました。

この記事を書いたユーザー

品川シーサイド このユーザーの他の記事を見る

何かあればコチラまで
sanya.v.litvyak10@gmail.com

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら