イギリスのLeighton Buzzard在住の25歳の母親は、2歳の娘と10か月の赤ちゃんを連れてTescoスーパーマーケットに買い物に行きました。

これは、多くの母親が経験することですが、2歳の娘は自分のお人形を専用バギーに入れて連れて行きたがりました。娘は、自分のお母さんと同じことをやりたがったのです。

娘のしたいようにさせる方が簡単な解決法なのですが、それは母親が娘の手をひけないことを意味していました。

この時、母親はそれを許してしまいました。

すると雨上がりの駐車場で、娘は大きな水たまりにつまずいて転んでしまい、下半身が泥だらけでずぶ濡れになってしまいました。

母親は、泣いている娘を連れて店のトイレに向かいました。

その様子を店員の1人が目撃していました。

不運なことに、母親は娘の着替えの服を持っていませんでした。

ずぶ濡れになった2歳の娘に加えて、10か月の赤ちゃんまで泣き始め、母親のストレスがピークに達しようとしていました。

そこに親子を目撃していた従業員が声をかけてきました。

「着替えの服を持って来ますので、娘さんのサイズを教えてください。」

そして従業員は、売り場から女児用のレギンスを持ってきました。

「彼女は、レギンスの値札をはずしていくらとも言わずに私に渡してくれました。」と母親。

「私は彼女に何度も何度もお礼を言いました。」と母親。

「トイレから出たら、その従業員がフロアーにいて、娘に対して”似合ってるわよ!”と声をかけ微笑んでくれました。

「娘は新しいレギンスがとても気に入って、家に戻るまでずっとご機嫌でいられました。」

「子供たち2人ともが泣き叫び、泥だらけでずぶ濡れになった娘の着替えが見つからなかった時は、私も泣き叫びそうになりました。」と母親。

「あの時の従業員の方の親切に心から感謝しています。」

出典元

2人も幼児を連れて買い物するだけでも大変なのですが、こんなハプニングが起きてしまったら、母親は気が動転してしまいますよね。そして、通常なら、持っているはずの着替えがバグの中に入っていなかったとしたら…

冷静に考えると、その店の売り場に行き、新しい着替えを購入すればいいのですが、泣きわめいている2歳の娘と10か月の赤ちゃんを連れてその行動をすぐにとることはなかなかできません。

そんな状況での従業員の方のタイムリーで機転の利いたこの行動は、母親として、とてもありがたいですよね。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら