■マツコの知らない世界SPに小室哲哉が登場

TBSで放送中の人気番組「マツコの知らない世界」。その新春2時間SPが1月10日に放送されました。

・本当に美味い回転寿司の世界
・旅行だけじゃない!キャリーケースの世界

と、相変わらず濃い色々な世界を紹介した同特番。

しかしながら、多くの視聴者が一番注目したのは、あの伝説のプロデューサー小室哲哉さんによる「小室プロデュースの世界」。小室哲哉さんが過去の作品を振り返りながら、その狙いなどを明かし説明する内容に筆者も含め多くの視聴者が釘付けになりました。

■番組では数々の秘話を披露

▽安室奈美恵さんの「SWEET 19 BLUES」

出典 https://www.amazon.co.jp

安室奈美恵さんのヒットシングル「SWEET 19 BLUES」では、当時は珍しかった「CDジャケットを複数用意する」という手法を初めて取り入れたというお話。

▽TRFにダンサーを入れた理由

出典 https://www.amazon.co.jp

TRFにダンサーを加えたのは、当時の音楽番組での「歌=ボーカル」「間奏=バンド隊」という固まりきったカット割りを変えたかったというお話。

▽華原朋美さんのプロデュースには「セレブ感」を

出典 https://www.amazon.co.jp

プライベートでも噂になった華原朋美さんのプロデュースでは、「彼女のシンデレラストーリーを作ってあげようとした」と、とにかく高級ブランドで固めるセレブ感を演出したお話。

▽篠原涼子さんは女優が出来ると思っていた

出典 https://www.amazon.co.jp

「愛しさとせつなさと心強さと」が大ヒットした篠原涼子さんの起用については、「熟考した」と明かし、当時ダウンタウンなどとコントを披露していた彼女を見て「役に入りきれる」ことから役者になれると思っていたんだとか。先見の明ありすぎです。

▽globeのKEIKOさんのオーディションの話

出典 https://www.amazon.co.jp

現在の妻でもあるKEIKOを選んだ際のオーデションは数十人規模で軽い感じのものだったという話。ただ、裏で顔を見ないまま声だけ聞いて、「どうかビジュアルが良くあってくれ!」と願ったというおもしろエピソードを披露。

その後、もう一人のメンバーであるマークパンサーさんとなかなか雰囲気がなじまず困ったというお話も。

などなど、小室サウンド全盛期を体験した層には堪らないエピソードをいくつも明かされました。

■そんな放送中、あの方がブログを更新

その方がこちら、華原朋美さん

出典 http://lineblog.me

プライベートで過去に色々あったお二人。度々その関係性が話題になりますが、どうやら彼女もリアルタイムで同番組を見ていたようで、番組放送中にブログを更新されました。

その内容がこちら。

リアルタイムでマツコの知らない小室プロデュースの世界を観ています。

一言では申し上げられませんが、言わせて頂けるのでしたら感謝しかございません。あの当時、とてもお忙しい小室哲哉さんに作って頂いた華原朋美の曲を今もどんな歌よりも大切に大事に心込めて丁寧に歌わせて頂いてます。

小室哲哉さんの作って頂いた歌を今もコンサート等テレビ番組で歌わせて頂けることに感謝してます!わたしの過去は誰よりも幸せで誰よりも最高でした。

マツコデラックスさん小室哲哉さんありがとうございます

出典 http://lineblog.me

この様に「わたしの過去は誰よりも幸せで誰よりも最高でした。」と当時に思いを馳せながら感謝の言葉を綴った華原さん。色々ありましたが、本当に今はいい関係なのかも知れませんね。

▽先日には小室ファミリーのDJKOOさんと…

昨年の休養復帰後には、小室ファミリーとして活躍し、現在は数々のバラエティ番組に引っ張りだこのDJKOOさんと、こんなファンキーな姿を見せてくれた華原朋美さん。

あれから20年近く経ちながらも、当時の音楽を色褪せさせる事無く歌い続けてくれるのは、小室サウンドで育った世代としては嬉しい限りです。

■小室さんは3月に最新アルバムをリリース予定

約3年ぶりの小室哲哉ソロアルバムの新シリーズ第1弾。

近年のソロワークを中心に、多岐にわたるジャンルやアーティストとのコラボ楽曲やフィーチャリング曲やライブ音源を集約。神田沙也加(TRUSTRICK)やtofubeats、May J.、つんく♂、ヒャダイン、大森靖子など絶賛活躍中のアーティストとの夢のコラボレーション楽曲や番組テーマソングやCMタイアップソングなどが収録。

出典 http://avex.jp

番組内でライバルだと思っていたと明かした「つんく♂」さんとコラボレーションなど、非常に豪華なアルバムを3月1日にリリース予定。

未だ衰えることのない、小室哲哉さんの音楽。今後ますますのご活躍を、小室サウンド世代の1人として楽しみにしたいと思います。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

人生の岐路に立ってしまっている30代です。日々勉強中。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら