記事提供:LITALICO 発達ナビ

本当は子どもを褒めて育てたいのに、「全然褒めるチャンスがやってこない!」なんてお悩みのお母さん。

そろそろお年頃で「すごいね!」「えらいね!」では、通用しなくなり、手持ちの褒め言葉が底をついてきたお母さん。子どもに自信をつける、ちょっとした声かけテクニックがあるんです。

ウチの子に褒めるところなんて…

「子どもは褒めて育てましょう」なんて頭ではわかっちゃいるけど、うちの子、ちっとも褒めるところが見つからないんです。

褒めようと思っていても、いつまでたってもできなくって、ぜーんぜん褒めるチャンスがやって来ないんです。

それにね、最近は、珍しくできたことを「スゴイね!」って褒めてみても「ウザイ!」とか言うんですよ。

正直、もう何て言って褒めていいやら、サッパリわかりません。

…なーんて、お悩みのお母さん。大丈夫ですよ。

そんなときに使える、「子どもの自信を伸ばす声かけテクニック」を、かつてはうちの子の褒めるところが1つも見つけられなかった楽々かあさんこと、大場美鈴がお伝えします。

親の理想は子どもの現実に沿ったものなのか?まずは見直してみて

どんな子にも、子どもの個性には、得意なことと苦手なことがあります。「運動はできるけど勉強は苦手」とか「算数は得意だけど国語は苦手」とか…。

でも実は、得意と苦手の差が大きく開けば開く程、子どものストライクゾーンが狭くなり、学校などの集団行動や、一斉一律の学習スタイルでは、クリーンヒットが少なく、なかなか結果が出せないのです。

特に、スタンドプレーが得意な子や学業にあんまり関係ない分野に特化した子は、頑張っても三振続きで学校では褒められ経験が少なくなりがちです。

そして平均…つまり、「これがフツー」「◯年生なら、これくらいできて当たり前」から外れることが多くなると、できる部分よりできない部分のほうが、集団行動や成績評価の上では目立ってしまうかもしれません。

そしてできるところはいいけれど、できないところはものすごく頑張らないと皆についていけない。

できないところが足を引っ張って、できるところまで実力を発揮できない、わかってもらえない。ホントはもっとできるハズなのに、思い通りにできない自分に腹が立つ!

こんな現実の壁にぶつかって、人知れず自信をなくしているかもしれません。

そこで、親の「褒めライン」を断腸の思いでグーッと、グーッと下げて子どもの「できないところ」に合わせてみましょう。

比較はその子自身。結果ではなく、意欲・がんばり・部分・発想に注目して

子どもの個性の育ち方には個人差があるため、例えば得意な部分は実年齢+2才くらいのペースでグングン育ち、苦手な部分は実年齢−2才くらいでゆっくりゆっくり、その子なりのペースで育っている…などの場合もあります。

むしろ、何でも平均的にまんべんなく育っているお子さんのほうが、貴重な存在かもしれませんね。

そこで、比較はその子自身とします。今を生きる子どもは自分の小さな進歩や成長に気づいてないこともあるので、そこを気づかせて伝えてあげます。1年前、2年前のお子さんと比べ、少しでもできることが増えていたら、

・「2年生の時は九九があやふやだったけど、最近バッチリだね。頑張っているね」

と、同級生がどうであれその子なりの進歩をみます。

うちの長男は、5年生でやっと九九が覚えられましたが、これは本人にとっては決して「できて当たり前」のことではないので、苦手なことができるようになると自信になります。

「できたこと」を当たり前にしない。日頃の頑張りにも着目したい

それでもなかなか結果がついてこない場合には、目を皿のようにして、部分的にでも「できているところ」「頑張っているところ」を探すようにします。

一見周りの子達が当たり前にできることでも、その子なりのやってみた意欲、苦手分野や日々の何気ない頑張り、「ここだけは/ここまでは」できている部分などに注目します。

例えば…。

・字を書くのが苦手な子が、宿題の漢字書き取りを雑だけどとにかく終わらせた
・運動が大嫌いな子が、運動会の練習が続く時期になんとか毎日登校している
・勝負事で負けると泣いちゃう子が、ゲーム大会ではずっと隅っこに居たけど、とりあえず参加だけはした

これらは、本人にとってとてもハードルの高いことを、メチャメチャ頑張りながらやっている一例です。

そこで、この頑張りに気づいてあげます。「それくらいできて当たり前でしょ」という、自分の中での常識は、一旦どこかに置いておき…

・「宿題、始めたね/終われたね」
・「おかえり。今日は暑かったけど、よくがんばったね」
・「ゲーム大会参加したんだってね。お疲れさん」

こんな声かけで、頑張りを「わかってもらえた」ことで、その子の次の挑戦へのエネルギー源になります。

それから、ひいき目に見ても「素敵!」「素晴らしい!」とは絶賛しにくい、奇妙キテレツな芸術作品や、奇行・珍行動に対しては…

・「う~ん、ソレ新しいね!」「こんなこと思いつくのは、◯太郎君だけだよ」

…と、発想力や斬新さ、オリジナリティを認めてあげると、ドヤ顔になるかもしれません。

「すごいね」「えらいね」が使えなくなった「お年頃」の子には、こんな声かけを

一方で、得意分野の「できるところ」に関しては、本人は「こんなのできて当たり前」と、シレッと思っているものです。

ですから、算数が得意な子のテストの90点を褒めても、本人は残りのできなかった10点のほうが気になってしまい、素直に喜べないこともあります。

完璧さを追求したいタイプは尚更、自分が納得できなければ採点甘めの賞賛は「ウザイ」なんて、受け取ってくれないかもしれません。

加えて、周りとの違いに気づき始めるお年頃だと「すごいね!」「えらいね!」と結果を褒めても「もっとすごい人、もっとえらい人は沢山いる」などと、子どもには現実が見え始めています。

すると、親の身内びいきの評価だけでは満足しなくなったり、かえってプレッシャーに感じたりと、なんだかちょっと取り扱いがメンドクサイ感じがします。

うちの長男も、最近は「こんなことで、大げさにスゴいとか言われても、なんかヤだ」なんて言います。ぐぬぬ、生意気な…!

でも、これは子どもの興味・関心が広がり、周りのことも見え始めてきたという、成長の証でもあるんですね。ついこの間まで赤ちゃんだった、可愛い私の井の中の蛙ちゃんが、自分だけの世界では狭くなって、お外の様子を気にしだしたのです。

じゃあ、そろそろお年頃になってきた子には、どうしたら自信をつけてあげられるのでしょう?

それは「あなたのことに関心があり、いつも見守っているよ」というメッセージを、さらりと、そしてしつこく送り続けることだと私は思います。

例えば…(子どもが「今日、◯◯の練習があって大変だった」とグチを言ってきたら…)。

・「そうかあ。◯◯の練習大変だったんだね」と、言ったことをそのままオウム返し

(冬の寒い日に学校から帰って来たら…)

・「今日は寒かったよね。温かい肉マンあるよ」と、感覚や気持ちに寄り添い&胃袋作戦

(なんだかんだと不平不満をもらしてきたら…)

・「そっかあ」「そうなんだー」「そうだよね~」と、共感しながら相づち

プロのカウンセラーさんのイメージで、子どもの気持ちに寄り添い共感し、さり気なく日々の頑張りを認めてあげると、「理想通りには上手くいかない現実」への不満を和らげ、「見守られ感」が自信になります。

また、育ち盛りの男子は特に親の褒め言葉は受け取らなくても、美味しいものならなんでも受け取ります(笑)。「美味しいものをくれる人=いい人、大事な人」と素直に入力されます。胃袋作戦、侮れませんよ。

親が理想を修正しても、子どもの理想が高いときはどうする?

デリケートな完璧主義タイプも、結果をあれこれ言われるより、

・「最近、頑張り過ぎて疲れてない?」

なんて、身体を気遣う声かけや、そっとお茶でも置いておくほうがいいかもしれませんね。それから…

・「◯◯先生が、『◯太郎君は最近、係活動をよく頑張ってますね。助かります』って面談で言ってたよ」

…なんて、間接アタックもいいと思います。親以外の他の人に認められる・感謝される経験も、大事な栄養になります。ちょっとだけ盛り気味でもいいので、小さなポジティブ情報も、逃さず本人に具体的にフィードバックします。

それでも、なかなか多感な時期の子に響く声かけが見つからない時は、直接本人に訊いてみるといいかもしれません。

私も、長男に「じゃあ、『スゴイ』じゃなくて、なんて言って欲しいの?」って訊くと…。

「『OK』とか『GJ(=Good job!)』とか、親指で「いいね!」マークとか、ハイタッチとか…」…と、シンプルで短い言葉やボディランゲージなどが良いのだそうです。

本人の意思を聴き、それを尊重してあげるのも「一人前」として扱われ、自信につながると思います。

まとめ

どうでしたか?

子どもはいつの間にか、親の知らない世界を広げていきます。

そして、そこでちょっと苦い経験やもどかしい想いをしたり、自分の実力を突きつけられ、現実の壁にぶつかりながら、一所懸命井の中から飛び出そうと、ブツブツ言いながらも頑張っているのかもしれませんね。

でも、ここまでお子さんが成長できたのは、お母さんの頑張りの証です。

お年頃の子は、1人で大きくなったみたいな顔してますが(笑)、お母さんがついこの間までオムツを替え、熱が出れば看病し、毎日ごはんを作り続けてきたおかげなんです。

そして、まだまだ新しい世界への不安も多いので、自分の長所も短所も、5年前10年前からの成長も、そして今現在のできる時もできない時も、誰よりも知っているお母さんが、変わらず側で見守ってくれることが、お子さんの何よりの自信になると思いますよ。

■この記事を書いた人の著書

権利侵害申告はこちら