食パンに塗って食べると美味しいジャムですが、皆さんはどんなジャムを愛用していますか?スーパーやコンビニで買う人、パン屋で売ってる高級志向なジャムを買う人、なかには自分で手作りする人もいる事でしょう。

・アヲハタが「アオハタ」じゃない理由

そんなジャムの代表的な存在と言えば、アヲハタジャムですよね。なんで「オ」じゃなくて「ヲ」なのか調べたら「オ」だと上部に出っ張りがあるため、たいらな「ヲ」にしたんだそうです。

そのこだわりがジャムにも生かされているのか、もはや国民的なジャムブランドとなっています。ちなみに、記者はカリカリに焼いた食パンにイチゴジャムをたっぷりと塗って食べるのがお気に入りです。

・ジャムの歴史を知ることができる

そんなアヲハタジャムに、「アヲハタジャムデッキ」と呼ばれる一般人が見学できる旧工場を改築した施設があるのをご存知ですか?

ここはジャムの歴史を知ることができるだけでなく、ここでしか買えない超激レアで超新鮮なジャムが販売されているというのです。

・瀬戸内海が広がる環境

記者は実際に出向いてみましたが、とにかく立地(環境)が良すぎる!瀬戸内海がアヲハタジャムデッキの目の前に広がっていて、潮風が気持ち良い!

施設内は非常に広く、アヲハタジャムのドリンクやジャムを購入することができます。昔のジャムから現在のジャムまで、あらゆるジャムの歴史を知ることができます。

・ここだけで買える限定ジャム

アヲハタジャムデッキだけで買えるジャムは、昭和7年の雰囲気を残したデザインのラベルになっていて、銅の釜でじっくりと煮込んで作った、ここだけの味。普通の店舗では買えないものです。イチジク味やオレンヂママレード味が販売されていました。

・最高のジャムエンターテインメント

ちなみに、アヲハタジャムデッキでは予約をすることで自分でジャムを作る体験ができるそうですよ。大人も、子どもも、お姉さんも楽しめる最高のジャムエンターテインメントといえるでしょう。

出典 YouTube

アヲハタジャムデッキ
住所:広島県竹原市忠海中町1‐2‐43
時間:9:30~16:30
休日:日月祝

権利侵害申告はこちら