TBSで放送されている『マツコの知らない世界』で音楽プロデューサーの小室哲哉が出演。安室奈美恵やTRF、華原朋美、globeなど作曲やプロデュースに携わったエピソードや当時の苦悩を語りました。

そして番組内では自身の引退を考えさせられたアーティストについて語っています。

CD売り上げ1億7,000万枚以上!?一時代を築いた小室哲哉

1958年11月27日東京都生まれ。
音楽家。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、ミキシングエンジニア、DJ。83年、宇都宮隆、木根尚登とTM NETWORK(のちのTMN)を結成し、84年に「金曜日のライオン」でデビュー。

出典 http://avex.jp

音楽プロデューサーとして類まれな才能を発揮した小室哲也さん。篠原涼子、安室奈美恵、華原朋美、H Jungle With t、globeなどミリオンヒットの作品を数多く手掛けており、番組内ではその作品の中でも印象に残った制作秘話をご紹介します。

ヒットの理由はジャケット?安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」

数々のヒット曲と圧倒的なパフォーマンスで活躍する安室奈美恵さん。「アムラー」という安室さんに影響されたファッションがブームになるなど、今もなお絶大な支持を集めるアーティストです。

その安室さんのアルバム「SWEET 19 BLUES」で後にシングルカットとなった同名曲を製作した小室さんはそのヒットの理由を

「今でこそジャケット違いがありますけど、この当時ってあんまりなくてですね、非常に僕らも自信がありまして、400万枚くらい行くんじゃねぇかという感じで…」

出典『マツコの知らない世界』 1月10日放送

同曲はCDジャケットが4種類あり、100万枚ごとにジャケット写真を変更したとのこと。小室さんは楽曲だけでなく、ジャケットの案も決定していたそうです。当時ではジャケット違いを打ち出したのは斬新だったんでしょうね。

「セレブ感」でヒット?歌詞も書き直していた「I'm proud」

華原朋美さんの「I'm proud」はマツコさんが「ゴージャス!こんなゴージャスな歌ない!素晴らしい!」と大絶賛。これに対し、小室さんはヒットの理由を「セレブ感」と発表。

華原さんはマライア・キャリーになりたいという思いがあり、小室さんは彼女のシンデレラストーリーを作ってあげようと思い、PVでも高級ブランド品で固めたとのこと。

また楽曲の制作秘話では

マツコ「あんな壮大な歌なのに“いちご“とか言うんですよね。歌詞の中で」

小室「そこは多分彼女の意見を取り入れたかもしれない。彼女は曲に関してとか色んなことで理想があったのかもしれない。これね実は2作目で書き直しているんですよ。

ちょっと気に入らなかったのかなって…ちょっと違ったみたい(苦笑)」

出典『マツコの知らない世界』 1月10日放送

このエピソードにマツコさんは「3曲目で…朋ちゃんも随分ね…」と触れると小室さんも「フフフ…(苦笑)」と楽曲作成に苦労したような表情を浮かべました。

小室哲哉に引退を考えさせた存在は「宇多田ヒカル」

(宇多田ヒカルに対し)「もうね…新しいなって思いまして」「あとはネイティブっていうか生まれた時から英語っていうので敵わないなって思って(笑)」

出典『マツコの知らない世界』 1月10日放送

TRFや篠原涼子さんのエピソードも紹介した後に、引退を考えされたアーティストに宇多田ヒカルさんを挙げました。

特に宇多田ヒカルさんに関しては「これほどやられた感はない」と当時を振り返り、楽曲「Automatic」について何がAutomaticなのか作詞の概念を変えられてしまったといい、クリエイターとしての自信を失ったような心境を語りました。

また宇多田ヒカルさんの「自由さ」にも触れ、羨ましいと思ったそうです。

年間90曲を作成…尋常じゃないプレッシャーだった

小室さんは当時年間90曲近く作成したと語り、その多さにマツコさんも驚愕。またマツコさんは当時小室さんが時代を動かしていてもはや「一国の指導者」みたいな感じだったと振り返りました。

それに対し、小室さんは「自分が追いつかないんですよね。抜かれちゃいましたよね、自分が作っているものが自分自身を超えてしまった」とヒットした上でのプレッシャーを告白し、恐怖心がずっとあったといいます。

3月にはアルバムをリリース予定。まだまだ活躍は終わらない

番組内で最近の悩みは「ヒットの方程式が分からない」と語った小室さんですが、今年の3月には約3年ぶりソロアルバムを発売予定。

神田沙也加(TRUSTRICK)やtofubeats、May J.、つんく♂、ヒャダイン、大森靖子など絶賛活躍中のアーティストとの夢のコラボレーション楽曲やCMタイアップソングなどが収録されるとのこと。

多くのミリオンヒットで一時代を築いた小室さん。当時の悩みやエピソードを番組で語りましたが、現在も新たな楽曲を製作し続けています。その活躍はまだまだ続きそうですね!

この記事を書いたユーザー

品川シーサイド このユーザーの他の記事を見る

何かあればコチラまで
sanya.v.litvyak10@gmail.com

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら