■お笑いコンビWエンジンのチャンカワイさん

「惚れてまうやろー!」「気をつけなはれや!」などの決めゼリフが印象的なコントで知られるお笑いコンビWエンジンのメンバー、チャンカワイさん(写真左)。

最近ではピンで色々なバラエティ番組に登場するなど活躍中。2015年には、ネットでも美人と噂される一般女性と結婚し、昨年2016年10月2日に第一子も誕生されています。

▽ブログには子育ての様子が多数投稿され…

時間がある時は、僕も読み聞かせてます。

この様に、絵本を読み聞かせてられていたり、

娘のチャン子が1ヶ月を過ぎ、少しずつですが外出するようになりました。

そんな時に使うのが『抱っこ紐』。街中でよく目にはしてたんですが、自分で使える日が来るとは・・・感動です!知らない人、コレですコレ!!これ、密着がたまらんのです。

抱っこ紐デビューの様子を投稿されたり。わかります。あの密着が堪らないんですよね。

この様に、幸せな育児の様子を多数ブログに投稿されているチャンカワイさん。そんな彼が、先日1月8日に投稿されたあるエントリーが話題となっています。

■その投稿がこちら

コレは、何か分かりますか??

コレは東京大学から頂いた・・・『赤ちゃん研究員』の認定証でございますっ!!!!!

娘のチャン子は、東京大学認定の赤ちゃん研究員なのでありますっ!!!!!! 

まだ0歳の娘さんと一緒に写った写真。チャンカワイさんの手には、何やら賞状のようなのもが持たれています。

実はこれ、なんと「東京大学認定の赤ちゃん研究員」の認定証なんだとか。

▽そのアップ画像も投稿

出典 http://ameblo.jp

東京大学大学院教育学研究科の名義で発行された認定証。しっかりと「赤ちゃん研究員として認定します」と書かれています。一体コレはなんなんでしょう?

チャンカワイさんによる「赤ちゃん研究員」の説明を見てみると…

いやいや、、、赤ちゃん研究員って何ぞや??

はいっ!赤ちゃん研究員とは、東京大学だけではないのですが、赤ちゃんのメカニズムを研究したい大学などが赤ちゃんを募集しておりまして、そのお手伝いをした赤ちゃんにだけ与えられる称号なのでありますっ!!!!!

奥さんのチャンママは、妊娠した時からずっとずっと僕におねだりしていた事でございました。世の為に役に立つ第一歩を赤ちゃんから体験させてやりたいと、ずっとずっと言っておりました。なんで、研究室への招待状が届いた時はチャンママったら飛び跳ねて喜んでおりました。

出典 http://ameblo.jp

どうやら色々な大学が「赤ちゃんのメカニズムの研究」を目的に募集しているのが「赤ちゃん研究員」のようです。

気になるその調査方法に関してもチャンカワイさんは説明されており、

研究内容はというと、赤ちゃんは生後3ヶ月ぐらいから眠り方が変わっていくようでして、赤ちゃんの眠り方から大人の眠り方へ少しずつ変化していくのは脳を調べなきゃ分からない・・・おぇっ!!

説明をしっかり受けたのですが、これ以上は僕の脳がシャットダウンしたようで嗚咽しちゃいました。

ようするに、睡眠の研究みたいです。なので、チャン子の頭にはこのような装置が付けられました。

詳しい説明を受けられたようではありますが、どうやらちょっとむずかしくて完全には理解できなかった様子。とりあえず「睡眠導入時や睡眠時の脳波を調べる」というものだったようです。

▽研究中はモニターで観察

出典 http://ameblo.jp

この様に、その研究実施の際には外のモニターで様子を見ることが出来るようです。これなら安心ですね。

■最後に、娘に対しての願望を…

チャン子よ、君も未来のみんなの為に役に立ったな!!!人類の為に、どうもありがとう☆彡パパとママは、早くも誇らしいです。

だから、チャン子よ。

ついでに言うと、、、

国立に入ると、、、

とっても経済的なんだ。それは、とっても親孝行なことなんだ。

だから、頭の片隅にでも、今日のことを刻んでおいてくれ。

片隅でいいから。

出典 http://ameblo.jp

生まれて僅かながら、すでに人の役に立った我が子を誇ると同時に、将来の「国立大学入り」という現実的な願いも綴ったチャンカワイさん。ですよね。私立は高いですもんね。

■赤ちゃん研究員への協力はいい記念になるかも

実は筆者は、今回のチャンカワイさんのブログを拝見するまで「赤ちゃん研究員」というものを知りませんでしたが、結構色々な大学で実施されているようですね。同じ東京大学でも研究している科やコースが変われば、また違った内容で募集しているようですし、一つの記念として協力してみるのもいいかもしれません。

「赤ちゃん研究員」で検索すると、色々な大学での募集がヒットしますので、ご興味がある方は探してみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

人生の岐路に立ってしまっている30代です。日々勉強中。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら