■エスパー伊東が芸能界を引退!

出典 http://ishizuka.net

「爆裂鼻手袋」「ラケットくぐり」「高速電話帳破り」などの"ゆるゆる"な超人芸で人気のエスパー伊東さんが、芸能界を引退することが分かりました。その理由とは一体…。

■ついにドクターストップがかかる!

出典 http://ameblo.jp

今年56歳になるエスパー伊東さんは、ほぼ毎日ネタ道具が詰まった重さ20キロにもなるバッグを一人で抱え、営業で全国を飛び回っています。そして最近はその重さに耐えられず転ぶことが増え、全身がゆがみ、ついに肋骨が自然骨折!

「昨秋には疲労の蓄積で、朝起きたら肋骨が3本自然骨折していた。このままではいずれ車いす生活になると医者から警告された

「ダメージが蓄積して体が弱っている。首、肩、腰、股関節、ヒザ、足首が全部悪い。もうラケットくぐりもできない。所属事務所からは『根性を出せ』とハッパをかけられたが、そういう問題ではない。誰にでもこういう日は来るので仕方ない

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

肩へのダメージから首は曲がり、股関節も痛めて右足を引いているそうで、芸能界の引退は"体への負担"が大きな要因とのこと。

■「テレビに出て有名になりたい」夢を叶えたエスパー伊東

出典 http://www.anet-yokyo.jp

エスパーさんは1988年に「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)に“超能力者”として登場して以降、数々のテレビ番組に素人として出演。1991年にフジテレビの「27時間テレビ」に出演した際、『エスパー伊東』と名づけられたのを機にバラエティーに進出しました。

出典 https://www.amazon.co.jp

その後は"テレビに出て有名になりたい"という夢をかなえ、「投稿!特ホウ王国」(日本テレビ系)や「めちゃ×2 イケてるッ!」(フジテレビ系)などで活躍。

エレクトリカルパレードのテーマ曲に乗ってボストンバッグの中から登場しては、黒タイツ一丁で「爆裂鼻手袋」「ラケットくぐり」「高速電話帳破り」などの"ゆるゆる"な超人芸を披露し、人気を集めました。

"営業王"として君臨

出典 http://ameblo.jp

故・勝新太郎さんや故・横山やすしさんの生き方に憧れてホームレスにお酒や食料、現金などを配ったり、近年では結婚式の余興や営業、周年記念パーティーなど全国を回って“営業王”として君臨。営業本数はトップレベルを誇り、幸せのお手伝いを重ねて稼ぐ年収は2千万円超えとも言われています。

腹筋は常にガチガチ。影では努力家な一面も…

腹筋は傾斜付き腹筋だ台で5キロの重量のボールを持ち30~50回腹筋をし硬気功の呼吸法をします。腹筋は常にガチガチです。

いったん休むと同じ状態に戻すのは並大抵でないことをよく知っているので毎日まではいかなくとも思いついたらトレーニングします。

背筋力は200キロ、プロレスのリングに上がったり腹筋を鍛える様子をブログに綴るなど“アスリート系芸人”としても活躍してきました。

お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんは引退のニュースを受けて「以前、お目にかかった時は体がキレキレだった。とても信じられない」と驚きを隠せないご様子。

「ずっと人間の限界を見せることに誇りを持ってきた」

出典 http://ameblo.jp

ずっと人間の限界を見せることに誇りを持ってきた。それが一般人より能力が劣るようになるとは…。そんな質の低い芸は見せられない。それに営業先で幸せの門出を迎えるお客さんに、苦痛な顔を見せるなどもってのほか。醜態をさらしたくないので、ここらが潮時だと思う」

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

人間の限界を見せることに誇りを持ってきた。質の低い芸は見せられない。エスパーさんはその「プロ意識の高さ」から、芸能界引退の道を選んだことを明かしました。

■引退後は芸術家へ転身

出典 http://ameblo.jp

今後は芸能界を引退し、芸能界入り前から携わっていた芸術の道へと転進することを公表。

実はエスパーさん。学生時代から絵画コンクールで入選するなど才能を発揮し、趣味の漫画書きが高じ、漫画家のアシスタントや図鑑の挿絵を担当。芸能界入り後も漫画連載や、占い本の執筆などを手掛けていたそうです。

「アクション・ペインティングのジャクソン・ポロックのような、誰もやったことがない世界を切り開き、新風を吹かせたい。絵を描いてきた時間は、大先輩の片岡鶴太郎さん(62)やジミーちゃん(大西=53)より長い。2人を超える自信はある

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

現在はアイデアを練っている最中で、いずれ個展を開くとのこと。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年2017年は単数変換すると、2+0+1+7=10=1。「1」、ユダヤ数秘術で「スタート、種まき」の意。新しいことを始めるのに向いた年。なので個人的には『新しいことを始めるのに向いた年。縁起をかついで 『アート元年』新作は2017年に発表しようと考えてました。

ちなみに今年初めのブログでは、2017年を「アート元年」とし、新作を発表することを綴っていました。

■ネットの声

確かに笑ってしまいます。そして「悲しい」との声も続々。

確かに見たことありません(笑)

やはりあの芸風では体力の限界が…。

エレクトリカルパレードを聞いて思い浮かぶのはエスパーさん。

めちゃイケ出演してほしいですね~!

そうなんです。少し気になるところが…。

■所属事務所からは少し気になる話も…

出典 http://ameblo.jp

所属事務所によると「本人が体調不良で辞めると言っているのは事実」としたうえで「酒癖が悪い」などとして飲酒を問題視。「酒を飲んでいないのに酔っているような雰囲気があり10メートル歩くのに1分かかることもある」ともコメントしています。そして…

所属していた春一番さん(2014年に肝硬変で死去)のこともあるので、精密検査を受けさせたいが、なかなかOKしない。本人がアートをやりたいと言っているのは承知している。家庭など失うものがないのでヤケになっている印象があり、心配している。

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

これはちょっと心配にもなるコメントですが、エスパーさんによると「今後は現在受けている仕事をこなしつつ、治療に専念する」とのこと。

しっかり体を治して、新しい夢へと進んで頂きたいですね。エスパーさんの今後に注目しつつ、新作に期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら