電車や街中でマスクをしている人が増えてきて、風邪の予防により一層注意しなければならない時期になりましたね。

筆者はすぐに風邪をひいてしまうタイプで鼻水やくしゃみが止まらなくなるのですが、病院には行かず、ドラッグストアで市販薬を購入することが多くあります。

そんな中、2017年1月1日からしれっと始まっていた制度が話題に。

市販薬の購入額が「一定」になると控除でお得になる?

市販薬の購入費が一定を超えると税の負担が軽減される制度「セルフメディケーション税制」が2017年にスタート。お得な制度にもかかわらず、知名度は低いようで「これは知らなかった!」とTwitterなどで話題になっている。

出典 http://www.excite.co.jp

この「セルフメディケーション税制」は平成29年1月1日以降に、“スイッチOTC医薬品”を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

このスイッチOTC医薬品というのは「要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品」されたもので、有名な製品で挙げると、「ベンザブロック」「ルルアタック」「ロキソニン」などが挙げられます。

またその医薬品が対象かどうかは「セルフメディケーション税控除対象」などとシールや目印があるので確認してみてください。


そして控除となるのはOTC医薬品を1年間に12,000円以上購入(上限は88,000円)し、更にその年に会社の健康診断や自治体の検診を受けている人が対象で確定申告すると所得から控除されます。

所得400万円の場合…いくらくらい安くなる?

厚生労働省のHPでは、

課税所得が400万円の場合、対象の医薬品を年間2万円購入すると、8,000円が控除されることになり、所得税1,600円と個人住民税800円の減税となります。

そのため年間で市販薬の購入金額が1万2,000円を越える人は要チェックですね。

従来の医療費控除と比べるとケースバイケース

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1) 保険金などで補填される金額(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(注) 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
(2) 10万円(注) 

その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

出典 http://www.nta.go.jp

従来の医療費控除では生命保険で支給された入院費や療養費が控除され、確定申告でその金額から10万を引いた額が控除となりました。

この制度を併用することは出来ませんので、セルフメディケーション税制と比較した場合に医療費控除の方が金額が多くなる場合がありますので、事前に比較しておいたほうが無難です。

レシートは捨てないで!申請時には必ず必要

セルフメディケーション税の確定申告には市販薬を購入した際のレシートが必須となっています。そのため、レシートは捨てずに必ず保管しておくようにしましょう。

ドラッグストアチェーンのスギ薬局では、レシートに黒丸印を付けることで対象となる薬が区別できるようになっているそうです。購入した市販薬がセルフメディケーションの対象かどうかは分からない場合は店員さんに確認するのも手ですね。

筆者の場合は年間を通して通院することがほとんどありません。風邪や体調不良は市販薬で治す人はレシートを保管して少しでも控除されるようにしてみましょう!

この記事を書いたユーザー

品川シーサイド このユーザーの他の記事を見る

何かあればコチラまで
sanya.v.litvyak10@gmail.com

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら