アメリカ、ラスベガスで現在開催中(2017年1月5日〜8日)家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で初公開された

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立できるバイク「Honda Riding Assist

これが

■未来感が凄い!
何これ!?猛烈に欲しい!
■日本人って本当に凄いわ。感心する。

と、ネットを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

なお、倒れない乗り物と言えば、ジャイロスコープを使った電動立ち乗り二輪車「Segway(セグウェイ)」を真っ先に思い浮かべますが、今回、ホンダが発表した「Riding Assist」は、ライディング時のフィーリングが変わってしまう“ジャイロ方式”ではなく、ASIMO(アシモ)やUNI-CUBなどで蓄積したバランス技術を応用したモノなのだとか。

ライダーがバランスを崩しても、即座にバイク自体がバランスを保ち、転倒を防いでくれる…未来感たっぷりの「Riding Assist」。

ちなみにアシスト機能は、ハンドル部分に設置してあるスイッチによって操作!

スイッチを押すと…

フロントフォークの傾斜角が大きくなり

瞬時にバランスを取りやすい状態に変形!

また、少しでも傾くと、自動的にフロントタイヤを左右に振り、姿勢を垂直に保つのだそうです。

信号待ち等でうっかり転倒してしまう…あの「立ちゴケ」も、「Riding Assist」があれば、もう、心配ご無用!

これは全バイクに搭載して欲しい機能ですね。

凄いのはコレだけじゃない!

未来感が半端ない「Riding Assist」。そして、さらに圧巻なのが…

フロント部分をタッチすると

まるでワンちゃんのように、後ろをついてくるという…

お散歩機能的!?システム

が搭載されているという点!

スゲェェェ (゚Д゚) ェェェエエエ!!!

これならバイク初心者の方、また、小柄な女性の方でも安心ですね!

CGを見ているかのような光景ですが、これは全てリアル!

ホンダさん!凄すぎ!!!

気になる“操縦性”も、既存の二輪車と同等だという「Riding Assist」。では、バイク業界に革命を起こすに違いない…革新的システム。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

さすが、技術のホンダ!商品化に期待!

具体的な実用化の時期は示していないものの、動画を見る限り、かなり仕上がっていると感じる「Riding Assist」。これは一刻も早い商品化!期待したいですね!

■お散歩機能が最高すぎる!
■もうこれ完全にSFの世界の乗り物じゃん!
■アシスト機構をフロント部分に集約しているので、既存モデルへの展開もやりやすそう!

等、Twitterでも話題になっていた「Riding Assist」。二輪車の国内販売台数が右肩下がりに減少し続けている昨今、この「Riding Assist」が、バイク離れの救世主になることを…祈るばかりです。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら