死の象徴である「ドクロ(頭蓋骨)」に魅了された女性メイクアップアーティストが、自分の顔をキャンバスにして描く、一度見たら忘れられない“ゴージャスすぎる”ドクロメイク。

これが、夢に出そうなほど衝撃的だったので紹介したいと思います。

大手ネットサイトに取り上げられたことがきっけとなり、現在、海外で話題沸騰中の…この「ドクロメイク」。制作したのは、イギリス、ロンドンを拠点に活躍するプロのメイクアップアーティスト“VANESSA DAVIS”さんでして…

卓越した技術&類稀なるセンスで描かれるドクロメイクの上に、ラインストーン、さらに、パンクファッションなどでお馴染みのスタッズ(鋲)を無数に配置し、完成するという…このドクロメイクは、ドクロを愛してやまないVanessaさんが考案した唯一無二!完全オリジナルのアート作品!

これまで数多くのボディペイント、及び、フェイスペイントを紹介してきましたが、このインパクトは…過去最高レベル!これは、世界中の人々が度肝を抜かれたのも納得ですよね。

なお、現代アートの世界では、数多くのアーティストが、頭蓋骨というモチーフを通じて「生」と「死」を表現していますが、それとは一線を画す…VANESSAさんの作品。

それはきっと…ドクロを心から愛しているから!?

また、ラインストーンやスタッズを使ったメイクだけではなく、メキシコの死者の霊を慰める祭り「死者の日(Day of the dead)」に使用される、カラフルなドクロ“シュガースカル(メキシカンスカル)”のようなドクロや、アマゾンの先住民が崇拝していそうなドクロまで…幅広く描くVANESSAさん。

なかには、よく見ると「あ!白鳥だ!」というトリックアートも!

クオリティ高っ!!!

では、プロのメイクアップアーティストが描く…唯一無二のドクロメイク。どうぞご覧下さい!

額(ひたい)に描かれた宝石は、ラインストーンではなく絵!

斬新すぎるドクロ。眠っているようにも見える!?

ピエロ風のドクロは、なんとも不気味な存在感!

コチラは、ディズニー映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の“赤の女王(イラスベス)”を彷彿とさせるドクロメイク。髪もイメージに合わせてセッティング!

動画もチェック!

ハロウィンメイクの参考になる!?

ラインストーンをつけるだけで、与えるインパクト激変!これは要チェックですね!

ゴージャスなんだけど、どこか「物悲しい」雰囲気も感じる…唯一無二のドクロメイク。

なお、VANESSAさんのInstagramには、他にもたくさん、ドクロメイクがアップされていますので、他とは一線を画すドクロメイクに魅了された方は、是非、Instagram。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら