日々の幸せを積み重ねて、一年の最後の大晦日に幸せな気分になれる…そんな素敵な習慣がTwitter上で紹介されて話題になっています。

その方法自体は以前からあったのですが、2016年の大晦日に、ジャンプルーキーに漫画作品を投稿されている「仲島歩」さん(@a12nakashima)が、自身が実践したということをTwitterに投稿されて話題になりました。

一体どんなことを実践されたのかというと…

こちら!

出典 https://twitter.com

このビンの中に、元旦から嬉しいことがある度にメモを書いて入れていき、大晦日に開けてそれを眺めるというもの!

これはやってみたいですね!私も聞いたことがありましたが、実践するには至らなかったので、このツイートを見て今年はやりたいなと思いました。

仲島さんは、途中良いことがなさすぎて挫折しそうになりながらも、最後までやり遂げて昨年末に見返して幸せに浸っていたんだそうです。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、1万を越えるRT(リツイート)やいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

これいいなぁ
・このアイデアは良いですね
こういうアナログ感がいいですね!
・ワクワクしそう
これ素敵!やってみるー!
・これやってみよ!
・これ、今日からやろう
・これを知ったのが、いいことのひとつだね

などの声がたくさん寄せられています。

「仕事で認められた」「好きな人に話しかけられた」「テストが満点だった」「我が子が初めて歩いた」「天気が良くて気持ち良かった」「今日も生きている」などなど、小さなことから大きなことまで、どんなことでも構いません。

あなたも是非「嬉しいこと」を積み重ねて、今年の大晦日に一気に幸せに浸ってみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら