記事提供:サイゾーウーマン

「ギャンブル依存症問題を考える会」代表・田中紀子さん。

めかしこんだ一部の富裕層が夜な夜な集う大人の遊び場。そんな現実離れしたイメージのあるカジノだが、日本でのカジノ合法化を目指す、通称カジノ法案(IR法案)が2016年12月15日、国会にて可決、成立した。

現在の日本では、賭け事は禁止されているものの、現実には法のグレーゾーンを縫うようにパチンコや競馬、競艇など、多くのギャンブルが身近にあり、ギャンブル依存症に苦しんでいる人もいる。

日本にカジノができたら、ギャンブル依存症の問題はどうなってしまうのか。祖父、父、夫がギャンブル依存症で、自らもギャンブル依存症に陥った経験をもつ、「ギャンブル依存症問題を考える会」の代表、田中紀子さんに話をうかがった。

■わかっているのにやめられない、ビギナーズラックなどなくてもハマってしまう

――ギャンブル依存症はれっきとした病気ということですが、その定義とは、ギャンブルに使うお金をコントロールできない状態ですか?

田中紀子さん(以下、田中) そうですね。本当に“コントロール不能”という状態です。

でも、操り人形のように「気がついたらギャンブル場に来ていた」というのではないので、依存症ではない人にはその“コントロール不能”というのがよくわからないのだと思います。

依存症と聞くと、一般の人は「だらしがない人」や「バカな人」に見えるんだと思います。

でも、わかっているのにやめられないんです。例えば、蚊に刺されたときって掻いちゃいけないとわかっているのに掻いてしまうじゃないですか。掻きたくて掻きたくてしょうがないという強迫観念。

そして、掻くと一瞬だけ楽になる。そのムズムズした感じが強烈で、掻かずにはいられない、イライラ・ソワソワ感がつらいんです。

――わかりやすいたとえですね。私はギャンブルらしいギャンブルをしたことがないのですが、以前ロト6を何度か購入しました。

しかし、「当たらないしムダだな」と思ってすぐに購入しなくなったのですが、ギャンブルをやる方たちは一度当たるとのめり込んでしまうのでしょうか?


田中 そのへんも単純な話ではないです。みなさんが思っている「当たらない」という理屈はギャンブラーもわかっています。

だって、普通の人よりも回数を経験しているからわかるに決まっているんです。わかっているけど習慣になり、気づいたときにはやめられない。ギャンブルにハマり込むのは単なる“発病”だと思うんです。

大当たりが出て、その興奮が忘れられずにやめられないと思われがちですが、そうとも限りません。「勝ったときのことだけ覚えている」と言われますが、第一勝ってないし(笑)。ビギナーズラックなんてなくてもハマってしまいます。

■現在のギャンブルは射幸心を第一に考え、依存症に陥りやすいつくり

――先日、カジノ法案が成立しました。日本にカジノができることによって、ギャンブルをする人は増えるのでしょうか?

田中 そこがすごく難しくて、実際にカジノができるのが今から4~5年後なわけですよね。

でも、“ギャンブル依存症”という問題は今起きていることです。だから、今からカジノができるまでに、どれだけの対策ができるかということが大きな分岐点になると思っています。これがおざなりなものだったら、当然ギャンブルをする人は増えるでしょう。

でも、諸外国でもカジノができるまでの間に対策をしっかりやることで、ギャンブル依存症自体は減ったという地域もあります。今、これだけ既得権が蔓延している日本で、どれだけメスを入れられるかということが重要だと思います。

新しいカジノができるために、なんで自分たちが割を食うの?なんで既得権を手放さなきゃいけないの?ということで、これから反発があると思います。

政治家も、ギャンブル依存症対策をやるとは言っていますが、既得権を持っている農林水産省とか国土交通省とか、警察とかが果たして本当に手放すのか?という疑問がありますよね。

ギャンブル依存症対策をしようということになったら、売り上げが落ちることが予想されるし、ギャンブル業界は政治家の天下り先になっているので、彼らは業界を潰しちゃならないんです。

射幸心をよりあおるギャンブルではなく、もっと広くいろいろな人が楽しめるギャンブルにしたらいいのにと私は思います。今は、ギャンブルが安全な形で楽しめるようなつくりになっていません。

――つくり自体が安全でないとはどういう意味ですか?

田中 売り上げを上げるというのは、ギャンブルにどれだけハマるかというシステムの上に成り立っているからです。

私が競艇にハマっていたときは“連複”という、1位と2位を当てるお金の賭け方しかありませんでした。そこに最近は1位から3位までを当てる“三連単”が出てきました。5レース全部の1位を当てる賭け方もあります。

なかなか当たらない代わりに、当たったときの金額が大きいので、みんながハマっていくようになっているんです。そのような形式がどんどん知らない間に、こそこそと法改正されて通過、導入されています。

――怖いですね…。

田中 もう少し射幸心を落とせば、ハマってしまう人が抑えられる代わりに、もっとたくさんの人が楽しめるようになるのではないでしょうか。

ただ、それまで刺激的なものを求めてやってきた人にはつまらなく感じ、売り上げは落ちるでしょう。熱狂的なギャンブルファンが離れていく可能性はありますが、そのほうが息の長いものになるのではないかと感じます。

――つまり、ギャンブルそのものが悪いわけではないということですか?

田中 そう思っています。ギャンブル依存症というのは、ギャンブル場がなくても、株とかFXとか、なんでもギャンブルに変えてしまうんです。

そうなってくると経済行為自体を否定する状況になりますし、ギャンブルを禁止したからといって、依存症対策はうまくいきません。闇に潜っていったり、他のものに代替えしていったりということになってしまいます。

■予防教育は、子どもが親の依存症に気づけるというメリットがある

――今後、カジノができることになったら今のうちから対策が必要とのことですが、どのような対策をすべきだと思いますか?

田中 まずは、依存症の正しい知識を国民に行き渡らせることが大切ですが、それは至難の業です。

きちんと関心を持って聞いてくれる方ならばいいですが、「何言ってるの?なんでも病気のせいにするなよ」とか「自分を正当化している」と言う人もいるんです。そのような人たちの周りにギャンブル依存症の人が出たら悲惨ですよね。

その人に説教をして終わりで解決策になりません。

否認している人たちにも「なるほど、こういうことなのか!」と思わせるにはどうしたらいいかなと、いつも考えています。

わかってくれる人たちも少しずつ出てきていますが、やはり啓発が一番難しいです。私としては、中学生くらいから予防教育を始めた方がいいと思っています。

――喫煙者が減っている理由の一つに、予防教育の効果があったともいわれています。ギャンブル依存症についても、子どもの頃から予防教育をすれば、減る可能性はあるのでしょうか?

田中 そうですね。でも、予防教育は当事者本人にはあまり効かないと思っています。ダメだと教えられてもやる人はやりますから。予防教育の一番のメリットは、自分の周りで依存症になった人がいても巻き込まれないで済むという点です。

また、親が依存症だということに子どもが気づけるというのも大きいと思います。

ギャンブルで子どもの奨学金を使ってしまうような負の連鎖を防げるよう、子ども自身に知識を与えるのは大事だと思います。周りにお金を貸しちゃう人がいると、不幸の連鎖が止まりません。

――田中さんは、ギャンブル自体は悪い物ではないとおっしゃっていましたが、ギャンブルとうまく付き合っていくためにはどうしたらいいと思いますか?

田中 それはすごく難しいとは思うのですが、対策の一つとしては、回数と金額を制限するものがあればいいなと思います。

その月の決まった額を入金して、使い切ったら制限がかかるといったカードのようなものですね。あとはやはり、依存症という病気があり、誰でもなる可能性があるということを知っておくことです。

また、これはあまり知られていませんが、アメリカの医学会ではギャンブルにはまりやすい遺伝子が見つかったと発表されていますが、遺伝的要素も強いです。

一番の予防はギャンブルをやらないことなので、「そう言えば父親が株にハマっていたな」とか「おじいちゃんがパチンコで身上を潰したな」といった心当たりのある方は、ギャンブル自体を避けるという方法もありますね。

田中紀子(たなか・のりこ)

ギャンブル依存症問題を考える会」代表。競艇・カジノにハマったギャンブル依存症当事者。祖父、父、夫がギャンブル依存症という三代目ギャン妻。著書『三代目ギャン妻の物語』(高文研)『ギャンブル依存症』(角川新書)。

権利侵害申告はこちら