記事提供:しらべぇ

自分でイタリア料理を作るのが趣味の人が最初にブチ当たる壁は、きっと「美味しいペペロンチーノ」だろう。

塩を入れすぎるとしょっぱくなってしまうし、薄味にすると香りも旨味も足りないビミョーな仕上がりになってしまう。

■既製品はちょっと…

でも、既製品のペペロンチーノの素を使うとプロとは程遠い仕上がりになってしまうしどうしたらええんや…。

とお嘆きの人に朗報だ。イオンのイタリア食材コーナーに置いてあるペペロンチーノの素が、レストラン顔負けの仕上がりになったのでご紹介しよう。

■サオール ペペロンチーノ

その素『サオール ペペロンチーノ』は、イタリアのつま先と呼ばれるカラブリア州の唐辛子とにんにくを使用しているイタリア直輸入のもの。

ペペロンチーノ以外にもさまざまな料理のベースとして使用でき、その他の素材もドライトマトやトマトペーストなどで自然な旨味を補っており、安っぽい味になることはない。

茹でたパスタにそのまま和えても十分美味しいのだが、記者のお勧めは素に1品だけ具を追加すること。今回はツナと和え、ツナペペロンチーノにしてみた。

■作り方はカンタン

作り方は素とツナをフライパンで温めながら和えるだけと非常に簡単だが、その味は「僕が保証するよ?」と言いたいぐらい美味。

素に旨味と辛味、にんにくの香りがこれでもかと詰まっているので、余計な味付けをせずこれだけで最高に美味しいペペロンチーノが出来てしまうのだ。

トマトがちょっと気になるという人もいると思うが、トマトの酸味はほぼ感じられず旨味だけ加えているため、トマト味が前面に来ることはない。

■イオンが売るイタリア食材の実力

イオンのイタリア食材なんてフツーでしょ…といった概念を100%くつがえしてくれる『サオール ペペロンチーノ』。料理が趣味の人には絶対買ってほしい、最強のペペロンチーノの素である。

大き目のイオンモールならだいたいどこも売っていると思うので、ぜひ探してみよう。

権利侵害申告はこちら