Licensed by gettyimages ®

2017年新しい一年が始まりましたね。新しい目標や抱負を掲げた人も多いのではないでしょうか。そんな新たな気持ちを星に誓い、新しい一年の幸せを願ってみませんか?

2017年1月3日(火)は、今年最初の流星群『しぶんぎ座流星群』到来です。

しぶんぎ座流星群は,年間の三大流星群のひとつであり,お正月に多くの流星を見せてくれます.流星電波観測でも毎年多くのエコーが観測され,毎年3日頃から活動が顕著になります

出典 http://www.amro-net.jp

新たな年の始まりにたくさんの流星に願いをかけるなんてロマンチックな年明け!今回のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と比べると最盛期の期間は数時間程度と短い上に、その活動時間が昼か夜か年によって当たり外れの多い流星群といわれているのですが、2017年日本における観測条件は「好条件」とのこと。縁起のいい幕開けとなっております。

Licensed by gettyimages ®

国立天文台によりますと、極大は1月3日の23時頃で、観測に適しているのは4日未明の2〜3時間なんだそう。

夜半には月が沈むといわれているので、月明かりのない中、星の輝きをじっくり観察できる好条件。流れ星は一瞬です。「あ!流れ星!」と思った瞬間、消えてしまうのですぐに願い事ができるよう気をつけて下さい。

Licensed by gettyimages ®

およそ1時間に35個の流れ星が観測できるのではないかとの予測がなされています。ここでふと思う素朴な疑問…どこを向いて見るの?

お答えしましょう!「どこでもOKです。」しぶんぎ座流星群、流星の出現位置という意味では特にこちらの方角というものがありません。

ただ、月が沈むといわれていますが月明かりのある場所も…その場合は月明かりの影響が少ない方向を向いてくださいね。どの方向でも構わないって…自宅への帰り道、空を見上げたら流星が…なんて、何かロマンチックなことが始まる可能性もなきにあらず!

Licensed by gettyimages ®

見頃が23時から明け方ということで、寒さも想像以上と思います。新年早々、風邪をひかぬよう寒さ対策は必ずして下さいね。暖かいマフラー、手袋、ニットキャップ、貼るカイロに持つカイロ、タンブラーに温かい飲み物など寒さ対策はしっかりと!

楽しみにしている人も多い、今年最初の"しぶんぎ座流星群"2016年は月明かりもあり、あまり条件が良くなく、1時間で15個ほどだったそう。今年は1時間に35個と予測されていますので、運が良ければ2分に1個ほど見ることができますね。

冬の澄んだ夜空を眺めながら一年の始まりを星に願ってみませんか?皆さんの2017年が飛躍の年になりますように。今年もよろしくお願い致します。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら