出典 http://ameblo.jp

東京ビッグサイトにて始まった、世界最大級の同人誌の祭典「コミックマーケット91」通称・コミケ。遂に!遂に!ファビュラスでマーベラスな叶姉妹が揃って降臨しました。

来場者及び、関係者は歓喜の渦、人々はモーゼの十戒のごとく道を開け、大歓声と拍手でスタンディングオーベーション状態。今年の冬コミケはまさに「叶祭り」と言ってもいいのではないでしょうか。では、早速、詳細をお届けします。

出典 http://ameblo.jp

コミケ参戦宣言から遂にこの日がやってきました。皆さんにアドバイスを求め、寄せられたアドバイス通り、未知の世界へ足を踏み込むならば皆さんの邪魔にならないようにと、基礎知識から学んだ叶姉妹。

お召し物、お履物、そして、30万と言われる軍資金。ハイブランドのバック(エルメス)から1万人以上へのお差し入れ騒動、叶姉妹のコミケ参戦は多くの人々へ驚きと感心、何より、その心遣いに上がりっぱなしでした。朝、順調に出発した叶姉妹。昨日は、到着が遅く、ファビュラスな恭子様はお留守番。そして今回、グッドルッキング・ガイ達がお留守番となったのですが、少しグズったようで…

着いた時点で
ほぼ終わっておりましたので
ファビュラスな姉を
をおいていきましたが…

グッドルッキング・ガイ達に
自分達がおいていかれることについて
凄くぐずられて
それはそれで
ちょっと大変な私でしたよ。

出典 http://ameblo.jp

グッドルッキング・ガイたちは恭子様と離れることを、とても寂しく思いかなりグズったようです。

さらに、他の男性と会うとでも思ったのか…

グッドルッキング・ガイ達が
なぜか
「Mikaさん
なぜ
僕は一緒に行っては
いけないのですか?
誰か
他のアメリカ人モデルと
待ち合わせしているのですか?」

出典 http://ameblo.jp

とても不安なグッドルッキング・ガイ。世界的な超一流モデルも恭子様の魅力にはメロメロなんですね。

コートとゴージャスなドレス姿で、午後0時半すぎコミケに到着したファビュラスでマーベラスな叶姉妹。その瞬間、モーゼの十戒のごとく人垣が割れた、花道が一瞬でできた拍手と大歓声が起きた!との目撃情報が相次ぎました。

そうなんです。コミケ参加者の皆さん、無断撮影はしない、無闇に話しかけない、道を開ける、静かに拝むなど。

また、コミケ関係者の方々も「もっとゆっくり歩いてください。優雅にファビュラスに!叶姉妹のように!それこそがグッドルック!」などの声も飛び交っていたのだとか。会場はまさにファビュラス状態!

この対応には、叶姉妹も嬉しかったようで…

コミケの関係者の方々の
とてもナイスな誘導によって
東というブース(?)に
入りますと、
いらっしゃる皆さんが
溢れる拍手と歓声とで
迎えてくださり
まるで
スタンディングオーベーションの
ような状態に…。
そして
花道のように
サァーっと
私達の通る道を
作ってくださって…。
「まぁ、
いつもこのような
感じなのですか?✨」と、
ファビュラスな姉が
コミケ関係者の方に
聞いておりましたが
「ま、まさか、
このような状態は
叶姉妹さんがはじめてで
このモーゼの十戒現象や
サークルの皆さんが
総立ちでの大歓声と拍手など
私もびっくりな大歓迎の様子で
前代未聞のことです‼︎」
と。
それを聞いて
ファビュラスな姉も私も
もっと嬉しくなりましたよ。

出典 http://ameblo.jp

このように仰っています。道行く皆さんのマナーは完璧。叶姉妹が手を振れば足が震える人、とにかく、拝む人が続出したんだとか。分かります。できることなら筆者も拝みたいです。

そして、コミケ会場のことを…

愛あふれる
一体感がなんとプレシャスな
空間なのでしょう…。

ピースフルで
アメージングな心のふれあい

ほんとうに
ヘブンリーな聖地なのですね。

出典 http://ameblo.jp

最高の誉め言葉でコミケを絶賛する叶姉妹。皆さんが大好きですとのお言葉…感激ですね。オタクの祭典と呼ばれるコミケですが、皆さんはオタクどころか、マーベラスな紳士そのもの!オタクなんてとんでもない!ファビュラスでマーベラスな叶姉妹に「大好き」と言われるなんて、心底羨ましいです。

皆さんが予想した通り「ジョジョの奇妙な冒険」に現れた叶姉妹。R18高緑本とR15承花を購入。更に、他サークルでもR指定もので無ければ購入されないという徹底ぶり。素敵です。期待を裏切らないファビュラスな叶姉妹。

「承花」(じょうはな)は、『ジョジョの奇妙な冒険』の空条承太郎×花京院典明のカップリング。「高緑」(たかみどり)は、『黒子のバスケ』の高尾和成×緑間真太郎のカップリングを指します。

更に、来場者が怯えた「島買い」叶姉妹に買い尽くされてしまうのではないかと戦々恐々していたのですが、実際のは全く違います。見本を見る時も丁寧にお断りを入れ手に取る。さすが我らの叶姉妹!

数え切れないほどの来場者の皆さんの口調も「お胸が」「お召し物が」「白いコートを着ていらっしゃって…」など、とても優雅になっていたんだとか(笑)

パニックを避けるため、1時間以内という短い滞在時間でしたがコミケを堪能できたファビュラスでマーベラスな叶姉妹。恭子様はとてもご機嫌、美香さんは少しお疲れだなんだとか。何はともあれ、コミケを楽しまれたお二人。また、今年だけでなく、またコミケに参戦して頂きたいと心から願っています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら