29日、元・俳優の根津甚八さんが、深部静脈血栓症及び肺塞栓症による肺炎のため、都内の病院で亡くなくなりました。69歳という若さも悲しいですが、根津さんの全盛期を知っている者としては、報道に「元俳優」という表記がされる事に改めて衝撃を受けました。

その輝かしい俳優人生と悲しい影

根津さんの役者人生、それは輝かしいものでした。1969年に唐十郎さんの状況劇場に入団、看板役者として活躍します。その後1975年に初出演したドラマ・フジテレビ系「娘たちの四季」でエランドール賞を受賞。

そして、1978年の大河ドラマ「黄金の日日」の石川五右衛門役で一躍お茶の間のスターの座を確立した根津さんは、1980年には黒沢明監督の「影武者」に出演し、その存在を世界に知らしめます。

82年公開の映画「さらば愛しき大地」では、キネマ旬報主演男優賞、日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。85年に再び黒澤明監督の「乱」に出演と、圧倒的な存在感とスマートで時代にマッチした演技で、日本のみならず世界でも高い評価を受けていました。

しかし、2001年頃に「右目下直筋肥大」という目の病気を発症。右眼をうまく動かす事が出来ず、視力の低下や複視、そして俳優としては大きなハンデとなる右目ぶたが垂れ下がる、またろれつが回らなくなるといった症状に苦しむ事になります。

手術を繰り返すも完治は難しく、実はその頃から、根津さんと「うつ病」との戦いも始まっていました。

闘病中の人身事故。そして役者としての活動休止

闘病中にも、露出は減ったものの俳優業を続けていた根津さんは、2004年には映画『るにん』に出演。しかし同年、自らが運転する車で人身事故を起こし、被害者は亡くなってしまいます。そしてそれ以降、根津さんは公の場に出る事も無くなったのです。

『いつか復帰してくれる』と願うファンも多くいましたが、2008年には持病の椎間板ヘルニアが悪化、車椅子での生活を余儀なくされていました。そして、2010年に発行された書籍『根津甚八』で俳優業の引退を表明したのです

11年ぶり・一度限りのスクリーン復活

実は、俳優引退後に唯一、根津さんが出演されていた作品があったことをご存じでしょうか?それは、2015年9月に公開された東出昌大主演の映画「GONIN サーガ」

これは、1995年に公開された石井隆監督作品のバイオレンスアクションの傑作GONIN」の続編で、根津さんはこの映画で前作と同じ氷頭役を演じています。

1作目では、ビートたけしさん演じる京谷の銃弾を浴び、死んだと思われていた元刑事の氷頭。しかし、実は生きていたのです。この映画では、病院のベッドで寝たきりになった氷頭が、9年前の事件関係者唯一の生存者として登場します。

実は、石井監督はずっと前から「実は氷頭は生きてた」という設定で映画を撮ると決めていて、根津さんとも話していたのだそう。そして根津さんが「右眼下直筋肥大」を患った時には「眼帯しましょう」と話し、持病の椎間板ヘルニアが悪化した際には「車イスでのアクションでいきましょう。むしろリアルだし」と話していたのだそうです。

しかし、なかなか企画が通らず、やっと実現できそうになった時には、根津さんは引退していました。

どうしてもやる。これが最後だ。

石井監督は「どうしても根津さんに演じてほしい」と思うと同時におそらく断られるだろうと思い、「駄目だったらこの物語は僕の中で葬ろう」と考えていました。それは、妻の仁香さんも、そうでした。

私は、根津が「もう、(映画は)いいよ」と、断るとばかり思っていたんですね。すでに引退宣言をしていましたから……。すると、根津が「やる」「どうしてもやる」と。「これが最後だ」と言いました。

出典 http://jisin.jp

結婚して、彼の出演作を一緒に見たことはないんです。息子も根津の出演作を見ていません。いちばん活躍している自分の父親の姿を知らずに育ったんです。(中略)根津がこの映画出演を決めたのは、息子に自分自身の姿を見せたい気持ちもあったかもしれませんね。

出典 http://jisin.jp

この時のことを、根津さんはこう語っています。

自分自身が志すような演技者であることが、困難になったため、引退を決めたが、今回、石井監督自ら、自宅に来て丁寧に「どうしても手伝ってほしい、根津さんでなければ……」という殺し文句と「できるかできないか脚本を読んで決めてほしい」という熱心な説得で、本をじっくり読んで、これなら、今の自分にできるという気持ちが湧いてきた。

出典 http://movie-news.jp

麻痺の残る根津さんに「氷頭さん顔上げて」と

撮影が始まってからは、久しぶりの撮影現場の空気に気持ちが高揚して、自分はこの仕事が心底好きなんだと改めて感じた。(中略)そして、完成された作品を見て、素晴らしい役者達に恵まれた映画になったと心から、思えた。最後に・・石井監督でなければ、この仕事は受けなかった。自分を理解してくれ、役者としての自分を最大限に生かしてくれると無条件で信頼できる人

出典 http://movie-news.jp

根津さんの11年ぶりの復帰への決意、そしてその気持ちを受け取る石井監督にも、大きな覚悟がありました。

僕は現場で皆からなんと思われようとも、役者と監督と言う形で向き合わなければ失礼だ、と心に決めて現場に臨んだ。根津さん、もう一回! もっと粘って! もっと!もっと! と、"根津甚八の今"を撮るのが恩返しと思って現場で叫んでいた

出典 http://movie-news.jp

主演の東出昌大さんは、根津さんとの共演をこう振り返ります。

氷頭のあの迫力に圧倒されたその時、現場で声を荒げたり怒鳴ったりした事のない石井監督が「氷頭さん顔上げて」と叫ぶ様に演出をなさいました。ご病気で麻痺の残る根津さんに叫ぶ監督の声は、自分の身も引きちぎる思いと共に叫んだ声なのだと瞬間に理解しました。

その日の帰り、根津さんのお車を送り出す時、僕は何も言葉が浮かんでこなかった事を覚えています。感動とか、言葉にするだけ無駄な思いを、根津さんと共演させて頂き、感じました。

出典 http://movie-news.jp

この映画で無念を断ち切ることができた

9月26日の舞台挨拶では「ある人からの手紙」としてサプライズで根津さんからの手紙の代読を求められた東出さん。代読を終えた後、しばらく目を赤くして涙をこらえるような様子で沈黙するという場面がありました。

その時の手紙が、こちらになります。

根津甚八です。GONINサーガの上演初日に列席が叶わないことをまずお詫びいたします。

演じることは自分にとって生きることそのものでした。それができなくなり、引退は諦めでもありました。

諦めていた自分に、再び演じることの楽しさを味あわせてくれた監督に心からのお礼を申し上げます。

また、襷を受け取ったと言ってくれた東出くん。その言葉で、演じたいのに演じることのできない無念を断ち切ることが出来ました。

東出くんだけではなく、若い俳優たちの姿を見て、自分の思いを次の世代が背負ってくれる、自分はできる精一杯をしたんだという気持ちで俳優人生を締めくくることができました。

こうして初日にいらしてくださった皆様を始め、GONINをそしてGONINサーガをご覧くださるすべての観客に、生きていた氷頭を、根津甚八を見届けて下さったことに感謝いたします。

根津甚八

出典 http://movie-news.jp

今回の訃報を受け、東出さんもコメントを出しました。

東出昌大さん:「はっきりと、畏敬の念を抱いております。どれだけの孤独を抱え続け、どれほどの努力を積み重ねてこられたのかは想像に及びませんが、ずっと闘ってこられたのだろうと思います。

今はゆっくり休んで下さい。心より、御冥福をお祈りいたします。ありがとうございました」

出典 http://www3.nhk.or.jp

「GONIN サーガ」での根津さんのすざまじい鬼気迫る演技は、この作品を最後として「元・俳優」となる強い覚悟のようなものを改めて感じさせられます。

名優・根津甚八さんの遺作となった本作。根津さんは、その圧巻の演技だけでなく、俳優としての生き様を見せつけました。その存在感、影響力は多くの若手俳優達にとって、大きな刺激となり、深い影響を与えたに違いありません。

根津さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

「GONIN サーガ」予告編はこちらです

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら