出典 https://www.instagram.com

NYの地下鉄構内で11歳の少年Ciro Ortizくんが開く「お悩み相談室」。段ボールで作られたブースには『お悩み相談2ドル』とか書かれた文字が。

子どもだからと侮るなかれ、オーティスくんの的確なアドバイスに大人たちは目からウロコ。柔軟な思考に、多面的に物事を見据えるオーティスくんの澄んだ目が、今大きな話題になっています。

アメリカの人気アニメ「ピーナッツ」を彷彿させるような段ボールにスタンドを使いオーティスくんのお悩み相談室を開いています。一回の相談は2ドル。毎週日曜日のお昼から午後2時頃までオープン中。

オーティスくんを訪ねる大人たちの相談も多岐にわたっています。仕事の悩み、恋愛の悩み、人間関係、単に変化を求めるために何かアドバイスを求める人まで。

時には、警察官だってオーティスくんに相談を持ちかけます。変化を求める人もいれば、変化に戸惑う人もオーティスくんに相談をします。その時のオーティスくんのアドバイスは大人顔負けだったそう。

「変化を受け入れなければ。誰だって今のままではいられない。人生なんて変化の連続なんだから」というもの。確かに!人生を悟ったようなこの金言!心に刻みたいと思います。

ところで、なぜ相談室を始めたのか気になりませんか?そこには辛い経験があったのです。

悩み相談室を始めたきっかけ、それは「いじめ」でした。オーティスくん学校でいじめにあい、「いじめ」がこんなにも辛く悲しく傷つくということを知り、また人の気持ちも考えるようになったのです。

そして、この経験を活かし誰かの役に立ちたい、困っている人、悩んでる人がいるのなら一緒に解決したい、何かフォローできることがあるのならばと始めた悩み相談室。

今まで彼に相談した人達は100人以上。しかも、そのほとんどのお悩み相談時間が5分以内で解決というから驚きです。

彼のお悩み相談の日、母親のJasmine Aequitasさんが付き添いインスタグラムにその様子を投稿し応援。

多くのメディアも注目しています。オーティスくんにお悩み相談した人達の反応は…

・彼は素晴らしい考えの持ち主だよ。このまま大人になってほしい

・電話でもアドバイスしてもらえないかな

・彼は本当に注意深く話を聞いてくれるんだ。みんなもアドバイスを受けた方がいいよ

出典 https://www.instagram.com

多くの大人が絶賛する彼のアドバイス。一度、相談に訪れてみたいですね。

「子どもに何がわかる」なんて馬鹿にする人もクレームを入れる人もゼロ。大人気のオーティスくんの相談室は1日50ドルを稼ぐこともあるのです。

その売り上げどうしているか気になりませんか?お小遣い?オーティスくんは、悩み相談で稼いだお金を家計の足しにと母親に渡したり学校にいる貧しくてお菓子を買えない子ども達と一緒にお菓子や食料品に使っているとのこと。

曇りのないオーティスくんの心に映る大人ってどんな感じなのか聞いてみたいですね。各々が抱える問題の根底にあるものは、とてもシンプルだったりするんだそう。そして、それを見つけることが大好きというオーティスくん。

毎週日曜日、お昼から午後2時頃まで、もし、ニューヨークに行くことがあれば、オーティスくんにお悩み相談してみてはいかがでしょうか。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら