突然ですが皆さん!旅客機の最上級客席“ファーストクラス”よりも上!お金持ちが好んで搭乗するという…セレブ御用達のプレミアム客席“レジデンスクラス”をご存知でしょうか?

民間機の中では最高レベル!王様気分が味わえると評判のレジデンスクラス。

それは、
アラブ首長国連邦アブダビ首長国アブダビに本拠を置く国営航空会社「エティハド航空(Etihad Airways)」が所有する大型旅客機「A380」内に存在するのだそうですが、今回紹介する動画は、そんなレジデンスクラスに実際に乗ってみた!という、羨ましすぎる体験記!

では、想像を遥か超えた超豪華レジデンスクラス。一緒に見ていきましょう!

↑コチラが今回、レジデンスクラスに搭乗する、ユーチューバーであり、航空愛好家のSam Chuiさん。ちなみにフライト区間は、アブダビからムンバイ(インド)まで。約3時間の空の旅となっています。

空港までの移動は、用意された専用の車で。

※専用車は、アウディのフラッグシップモデル「A8」。

空港に到着すると2人のスタッフがお出迎え。

専用ゲートを通り、エアポートラウンジ(待合室)に向かいます。

長い廊下を歩き、辿り着いた…執事が待つ部屋。これが、レジデンスクラスの待合室。

どう見ても高級ホテルの一室ですが、これが、ファーストクラスよりも上と言われている世界最高峰のエアポートラウンジ。もちろん、ジュースやお酒は飲み放題です。

搭乗までの待ち時間。エコノミークラスなら、本を読む、スマホをいじる、売店をウロウロする…等、そんな感じでしか時間を潰すことが出来ませんが(笑)、レジデンスクラスでは、到着早々、なんと、お食事タイム開始!

専属シェフが、お好みの料理を用意。

もちろん、おかわり自由!キャビアも食べ放題です。

飛行機に搭乗する前から、すでに王様気分!さすがは、世界一のクラスと言われているだけのことはありますよね。

そして、いよいよ搭乗開始!

移動は専用のバギーで!(笑)

搭乗ゲートに到着すると、専用スタッフがお出迎え!

これなら絶対に迷いませんよね。

「ようこそ!エティハド航空へ!」

スタッフの挨拶も、他のクラスとは違う!?(笑)

そして、ファーストクラスを横目に、一番奥のレジデンスクラスへ!

これが世界最高峰「レジデンスクラス」だ!

どこからどう見ても社長室な…驚愕の客室。ちなみに、リビングルーム、別室のベッドルーム、エンスイートシャワールームを備えた…このレジデンスルームは、民間航空会社で唯一の「3部屋スイート」なのだとか。

広々とした室内。

また、コチラはベッドルームですが…

ホテル並みにくつろげそうな…空間!

これが飛行機の中だなんて…本当に信じられませんよね。

もちろん、専用のシャワールームもありますので、汗をかいた時、気分をリフレッシュしたい時には、いつでもシャワールームへ!

では、空飛ぶVIPルーム。世界最高峰のレジデンスクラス。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

宝くじが当たったら乗ってみたい…。買ってないけど。(泣)

なお、気になる金額。記載がなかったので調べてみたのですが、アブダビからムンバイまで。約3時間のフライトで

約48万円(2017年2月搭乗の場合)

となっていました。(2016年12月29日時点)閑散期でこの価格。おそらく繁忙期だったら、かなり金額がアップするに違いありませんね。

何から何まで最高だったと語っていたSamさん。3時間で約48万円はかなり高額ですが、これだけ王様気分を味わえるのであれば、一生に一度くらい…体験してもいいかもしれませんね。(笑)

ファーストクラスよりも上の「レジデンス」クラス!

興味を持った方は、心射抜かれた方は、エティハド航空のホームページ。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら