我が家は今年の初めに2人目の男の子が産まれました。

その時長男は2歳3ヶ月…妊娠中も甘えたいのに抱っこしてあげることも出来ず、色々心の葛藤があったのか、産後すぐはワガママも増え出来ていたことをしなくなるなど、手を焼くこともありました。

それが魔の2歳と言われるものなのか、赤ちゃん返りなのかは今もわかりませんが…。

次男はというと、何よりも睡眠を優先する子です。

2人目だからか親の手が慣れていることも考慮しても楽です。きっと、そういうタイプなんだなと思ってました。

そんな次男も成長につれて、日中起きている時間が増えてきたある日のことです。

産後から身体もそこまで辛くなかったために無理をしたのか、私が少し体調を崩しました。

それに敏感に反応したかのように、次男が泣くと、長男が「泣かないの、寝るの」と言うようになりました。

長男は私の体調不良には敏感で、元々体調が悪い時には1人遊びをしていてくれるような子だったのです。でも次男はお構いなく泣きます。

当然ですし、ごめんね~と声を掛けながら動いていたのですが…ついに長男が手を上げてしまったのです。

長男の気持ちに寄り添うべきではありますが…叩いてはいけないのでまずは注意を。

といってもまだ2歳…。その次に泣いた時には「泣かないのって言ったでしょ~」とベットを揺すり始めてしまいました。

私もつい叱ってしまい、長男が泣いてしまいました。

2人とも泣いてしまい、私自身も辛く…結局次男を抱きながら長男も抱き寄せて3人で泣いていました。

泣いてスッキリ出来たのか、長男が話してくれました。

「ママ、えらいえらいなんでしょ?だから〇〇(次男)になかないでっていったの。でもないちゃうの。ごめんね」

「◎◎(長男)ありがとう。でも赤ちゃんは泣くことしか出来ないし、まだおしゃべりできないから◎◎の言ってることわからないと思うんだ。だから、泣いちゃったらぎゅっと抱っこしてあげるんだよ」

「そっかぁ~」

どこまで理解できているかもわかりませんが、その場では返事をしていました。

後日…私が家事をしている時に泣き出した次男。

すかさず長男が駆け寄り、抱きしめるようになりました。そして泣き止む次男!

時にはさらに激しく泣くこともありますが、ハイハイをしたり座るようになった今でも、泣き出した時に私の姿が見えないと長男の元へ駆け寄ります。

そして抱き合う2人。それが見たくて時々隠れて見ていることもあるのは2人には内緒です。

この兄弟愛をこれから先も持ち続けて欲しいと切に願う母です。

著者:かおりす

おしゃべり大好きで常に話し続けたからか、長男までおしゃべり。男の子2人に愛のムチを受けながら日々筋トレのように逞しくなっている、どこにでもいる主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐ みんなの体験記のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら