20年と9ヶ月。

大切なものも増える。

守るものも増える。

大切な順番も変わる。

価値観も変わる。

その変化の中で、変わらないもの、変わってないものもある。

その変わらないものをずっと大切にしたいと思う。

昨日、スマスマの最終回、FAX募集のところを生放送にしていたのですが、そこにずっと立ち会い、みなさんから送っていただいたFAXを読ませていただきました。

番組が始まった1996年の4月に生まれたお子さんが今は成人を迎えましたという方もいたり…。

そこにも、視聴者の方々の20年9ヶ月がありました。

昨日、放送が終わり。

放送中から、なんか自分の中で現実感がないというところもありました。

スタジオには、番組を立ち上げたプロデユーサーさんや当時のディレクターさん達も沢山集まって、5時間見ていました。

番組が終了し…。

その現実感のなさからか、自分の中で涙がこぼれることはなく、まずは放送が終了したという気持ちと、これで番組が最終回なんだという現実感のなさがミックスし、不思議な気持ちでいたのですが…。

スタッフのみんなと「お疲れさま」と握手している中…。

番組開始当初からディレクターとしてビストロSMAPを担当している代々木さんという方が「おさむ、お疲れね、本当に」と言って手を差し出して握手した瞬間に…。

その握手で20年9ヶ月前の23歳の自分に一気に戻りまして…。

涙がこみ上げてきました。

44歳になってキャリア25年を超える自分のことを「おさむ」と呼んでくれる人も少なくなり。

そんな中、代々木さんとの握手が、自分を若くてもがいててトガってた時の自分に戻してくれて、そしたら、この20年9ヶ月のスマスマでの出来事が一気にフラッシュバックしてきて…。

涙がこみ上げてきて。

こういう気持ちになったのは人生で初めてでした。

あらためて、SMAP×SMAPという番組に23歳の時から放送作家として参加させていただき、エンターテイメントバラエティーを作り、様々な奇跡を見ることが出来、そして沢山のことを学べたこと。とてつもない宝です。

この番組をやっていたことを誇りに、恥じないように、これからもいろいろなものを作り続けていきたいなと、強く思いました。

SMAP×SMAP、ありがとうございました。

今朝。母からのメール。

20年9ヶ月 SMAP×SMAP 本当にご苦労様でした。収(おさむ)がこの番組に携わっていたこと お父さんもお母さんも誇りに思い又自慢でした、有難うございました。

これからも新しい番組、1からやって下さいね、ご苦労様でした。

出典 http://ameblo.jp

という言葉。

お母さん、ありがとう。

ただね、母さん。僕はスマスマ以外にも番組は作っているんだけどね…(笑)。そこも含めてありがとう。

権利侵害申告はこちら