Licensed by gettyimages ®

2016年も、もう僅か、クリスマスも終わり世の中は、年末商戦真っ只中。そして、年始年末の風物詩といえば思いつくのが、餅つき、紅白歌合戦、除夜の鐘、初詣など皆さん思い浮かぶのではないでしょうか。

餅つきをしなければ年を越せない、除夜の鐘を聞きながら一年を振り返る。思いおもいに過ごすお正月。しかし、時の流れか…消えゆく年始年末の風物詩が相次いで中止という事態が起こり今賛否両論を呼んでいます。

大晦日の風物詩、除夜の鐘にクレームが…どんなクレームかというと「うるさい」日本の伝統文化、何百年も日本で受け継がれているの除夜の鐘がうるさいと…

一年の終わるを告げ、新しい年の始まりを教えてくれる除夜の鐘。「うるさい」との近隣住民の苦情を受け、なんとお昼や夕方108回撞くお寺が増えているんだとか。実際、東京は小金井市にある「千手院」100年以上も歴史のあるお寺なのですが、近隣からのクレームを受け除夜の鐘を自粛する事態に。

静岡県牧之原市にある「大澤寺」もクレームを受け自粛を発表。こちらのお寺は450年以上の歴史があり、千手院と共に由緒正しいお寺です。

「家族で鐘を撞きに来る方も多く私の代で止めてしまうのは悲しい思いではありますが、迷惑になるのなら…致し方ないところです」と語るのは、千手院7代目住職の足利正尊さん。

大澤寺では、クレームの声と共に復活を望む声も多く、その結果、お昼に「除夕の鐘」を撞くことにしました。

そもそも昼間にやることの利点は・・・
夜間の鐘撞きをやめることの代替ではありますが、街中の寺の鐘については批判を頂くことがあります。特に夜間の鐘撞きはそのフィニッシュが曖昧になりかねません

そこで鐘撞きを昼間に行えば、梵鐘の存在意義としてその利用を復活できること、気軽さが強調できることとなります。
寒い夜間に白い息で手をこすりながら鐘を撞くその雰囲気は得られませんが、それに劣らない楽しさをが味わうことができましょう。
気軽な時間帯の他の利点は
比較的温かな昼である
明るいので照明は不要
明るいので足元周辺の危険性が減滅で人の顔がわかる
孫子等を引率して撞かせることができる

檀家さんは勿論どなたでも鐘撞きができます。

出典大澤寺 ブログ「-墓場放浪記」より

大澤寺のブログには次のように説明しています。ポジティブなのですが、なんだか寂しい…除夜の鐘をやめろとのクレーム。やめれば、除夜の鐘を続けろとのクレームが来るんだとか…

Licensed by gettyimages ®

悲しいことに除夜の鐘だけではなく「餅つき」にもクレームが…「不衛生だからダメ」「食中毒の可能性があるからダメ」とのクレーム。

これについては、2016年12月6日放送のバイキングでニュースとして取り上げられ、お笑い芸人の小藪千豊さんが持論を展開、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

「世間的にもうこんなん規制しまくったらええんですよ。一回、ゆとり世代みたいに“餅つきない世代”みたいなのができて、それが大人になった時に『あの子ら餅つき知らんからな』みたいな問題になって、『なんでも規制するのはちゃうな』っていう時代に振り戻さな」

出典情報番組「バイキング」2016年12月16日放送

感染症や食中毒の危険性を考慮してくれるのは有難いのですが、やっぱりなんだか寂しく悲しい気持ちになります。

この他にも節分の豆まきは危険、鬼が各家庭を回る「なまはげ」は子供が怖がるから優しくなどのクレームが…

除夜の鐘も餅つきも、豆まきもなまはげもクレーム自体は問題ないと思います。何を感じるかは個々の問題。けれど、一方的に中止を求めるのはどうかと…

このようなイベントで、伝統を学べる、地域の交流をはかる。年齢を超えた交流がはかれるなど、メリットはたくさんあるのではないでしょうか。

賛成派も…

死にはしないと思うのですが…他にも「近くに住んでるなら分からなくはないけど」
「確かに自分がお寺の近くに住んでいたら言っちゃうかも」との意見もチラホラありました。

日本の風物詩が消えていくのは寂しいと思うのですが、運動会の音楽がうるさい、小学校のマラソン大会、校外を走らせるのは危険。過剰とも思える反応。このようなクレームを入れるのは、想像ですが少数だと思います。クレーマーやモンスターペアレントと言われる人達が増えているのは、このような少数意見がまかり通る世の中にも問題があるのかもしれません。伝統行事の変化が迫られる日本。人間関係の希薄さや一昔前では考えられないクレームの数々皆さんはどう感じますか?

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら