記事提供:Conobie

「早く〇〇して!」と言ってもいうことをなかなか聞いてくれない子どもたち。そんな子どもたちに、こんな方法を試してみました。

「早く〇〇しなさーい!急いで~~!」

そう言ってもなかなか言うことを聞いてくれない双子たち

だらだらしてしまい、ご飯も着替えも1時間かけてやっと終わる、ということもしばしば。

そんな時、「時間を区切って指示を出すと良い」という話を聞き、試してみました。

「もうすぐ9時になっちゃうよ~」と言うと、慌てて食べる双子たち。

最初はまだ遊ぶと言っていたのに、8時が近くなってくると、慌てて片づけるようになりました。

今までは、ただ「早く!」「急いで」と急かすだけでしたが、それでは具体的じゃなかったので、どのくらい早くなのか、どのくらい急げなのか、二人とも分からなかったのかもしれません。

何時までに、と時間を明確にすることで自ら「やらなければいけない!」という意識を持ちやすくなったのかと思います。

この方法を試すようになってからは、おでかけの際にスムーズに、時間までに行動をすることができるようになりました!

権利侵害申告はこちら