記事提供:gooランキング

「行きたい場所」はすぐに思い浮かびますが、「行きたいと思わない場所」って全然思いつかないですよね。無関心ゆえに思考に上がってこないって事なんでしょうが、逆に気になってしまいます。

そこで今回は「別に行きたいとは思わない都道府県」を調査・ランキングにしてみました。

多くの人から1番無関心に思われてしまった都道府県は、一体どこだったのでしょうか?

1位 茨城県
2位 群馬県
2位 佐賀県

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「茨城県」!

関東地方の北東に位置し、東は太平洋に面する「茨城県」が堂々の1位に輝いてしまいました。

よくCMやネットで「いばらぎ」を指摘するネタなんかもありますが、それ以外に特徴を!と言われるとなかなか思いつきませんね。

実は茨城県は画像にもある「干し芋」の国内生産量No.1、実に90%以上のシェアで、PR動画では茨城出身の渡辺直美さんが「茨城がなくなったら干し芋ショックが起こる!」と紹介しています。

他にも温泉施設やレジャー施設が充実しており、旅行好きの方からは「ゴールデンウィーク時の穴場」とまで言われているそうです。

2位は「群馬県」!

Google先生に「未開の地」と聞いてみると第一候補に出てくるなど、ネット民に愛されている「群馬県」が2位にランク・インしてしまいました。

実は大人気インスタントラーメン「サッポロ一番」のサンヨー食品をはじめ、まるか食品やマンナンライフの本社、世界に4つしかないハーゲンダッツの工場など食品関連で重要な拠点が集まっています。

同率2位は「佐賀県」!

日本の九州地方の北西部にあり、唐津・伊万里・有田などの陶磁器の産地として有名な「佐賀県」が2位を獲得してしまいました。

SQUARE ENIXの人気RPGシリーズ『ロマンシング サ・ガ』とコラボして「ロマンシング 佐賀」を開催したり、「三重津海軍所跡」が世界遺産に登録されたりと話題はあるのですが、残念ながら多くの人の興味を引く事はできなかったようです。

いかがでしたか?

1位の「茨城県」が旅行好きの方から「ゴールデンウィーク時の穴場」と言われているのには驚きましたが、施設を調べたら家族や友人達と大人数で楽しめる場所も多く、大人数でワイワイ楽しい旅行をしたいなら「茨城県」はアリかも知れませんよ。

今回は「別に行きたいとは思わない都道府県ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2016年12月8日~2016年12月13日

権利侵害申告はこちら