レンガを積み上げ、ブロック塀を建設している建設作業員が、ドミノ倒しの原理を使い披露した…とんでもない職人技。これが

神業すぎる!
■気持ちいい!いつまでも見ていられる!
■遊んでいるだけかと思ったら、まさかのどんでん返し。素直に感動した。

と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

オーストラリアで撮影されたという…この「Dominoes with bricks! oddly satisfying」なる動画。なお、「ドミノ倒し」と言えば、ドミノ牌をわずかな間隔で立て並べ、端の一つを倒すと、次々に牌が倒れ続けていくという遊び、競技ですが、今回使用するのは、ドミノ牌ではなく、一般的なレンガ(ブロック)。

はてして、どんな職人技が飛び出すのでしょうか?

これがプロフェッショナルのワザだ!

ブロック塀の上に並べられたレンガ。

幅がギリギリな為、少しでもズレてしまえば…レンガは落下。大惨事になってしまうのですが…

熟練した作業員は余裕の表情!

次々に倒れていくレンガドミノを笑顔で見守ります。

怖ろしいほど精確に立てられたレンガ。

横から見るとこの通り!1.2mmの誤差すらありません。

また、均一に並べられたレンガも凄いのですが、土台の水平性。さらに設置の精度にもビックリ!

そして、落下することなく…無事にゴール!

30m近くありそうな細い塀。その上で、落下することなくゴールまで行くなんて、まさに職人技!「素晴らしい!」としか言い様がないのですが…実はこのレンガドミノ!

とんでもない仕掛けがあったんです!

ゴールにたどり着いたはずのレンガドミノ。

しかし、ゴールした直後、なぜか、レンガドミノ!突如Uターンを開始!

そして、心地よいサウンドと共に、コチラへと戻ってきます!

さらに、よく見てみると…

折り重なっていたレンガが、驚くほど綺麗に整列!

これは凄すぎる!!!

ゴールまで行っただけでも凄いのに、まさかのUターン!さらに、完璧に整列し、ブロック塀が見事に完成!マジ(゚Д゚)カヨッ!!!

では、建設作業員が魅せた…プロフェッショナルな仕事っぷり!どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

気持ちいい!!!(笑)

なお、原理としては、前半は、あえて完全に倒さないように微調整。最後のレンガが水平になる際のズレを利用し、その隙間に、手前のレンガがイン。この動きが繰り返され、最後は全部水平になるという仕組みだそうですが、これを成功させる為には、なんと、ミリ単位の調整が必要なのだそうです。

隙間なく、見事に並べられたレンガ。理屈は分かりますが、こんな不安定な場所で、ここまでのピッタリと整列するだなんて…これ!やはり神業としか言い様がありませんね。

真似したくても真似できない…究極の職人技。以上、「これぞ職人技!建設作業員がレンガを使ってドミノ倒し。てっきり遊んでいるかと思いきや…」でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら