『君の名は。』と共に、大ヒットを記録して今年の邦画を盛り上げてくれた映画『シン・ゴジラ』。12月31日放送の『第67回NHK紅白歌合戦』でコラボレーション企画の実施が予定されているなど、話題に事欠きません。

そんな『シン・ゴジラ』に登場するゴジラは、118.5メートルの体長とシリーズ最大。そんな超巨大なゴジラが現れたかのように見える写真がTwitter上で話題になっています。

話題の写真は、イラストレーターの横山拓彦さんが自身のTwitterアカウント(@takuhikoy)に投稿されたものなのですが…

その写真が…

こちら!!

出典 https://twitter.com

こ…これは…!?

ゴジラが現れた!!!

普通のどこにでもありそうな現実の風景の中に、まさかの映画の世界のゴジラが登場したように見えるのですが、実はこちらはただの木!横山さんが、近所の木がゴジラに見えて仕方がないということで、撮影した写真に色を塗って、顔を描いてゴジラにしたものなんです!

ちなみにこちらが元の写真(加工前)

出典 https://twitter.com

なるほど!たしかにゴジラに見えますね!!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらの写真は、Twitterに投稿されるとたちまち話題となり、7千ものRT(リツイート)やいいねがされるくらい注目を集めました。見た人たちからは…

・すごいですね
・これ雰囲気めっちゃ感じますね
・見えますね!!
確かにゴジラに見えます!
マジかΣ(゚ロ゚;)?!
・これは…本物だ…
ちょっと手を加えただけでここまでゴジラになるとは…

などたくさんの声が寄せられています。

日常に現れたゴジラに(…というか、発想と加工技術の凄さに)驚かされる写真でした。

あなたの周りにも、“何かしらに見える何か”があれば是非教えてくださいね!

おまけ(更に加工されて…)

光線まで…!(笑)

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら