記事提供:日刊大衆

ゴツゴツした輪郭に、やや離れ気味のギラギラした瞳、口は大きく歯が目立つ…こうした顔立ちの男性を最近では「恐竜系男子」と呼ぶようです。

お隣の国、韓国ではこの恐竜顔が美男子の筆頭だとか。男らしく頼りがいがあると、どのタイプのイケメンよりも人気があるんだそうです。そこで今回は、日本にも恐竜系男性芸能人はいないか調べてみました。

まずは、新垣結衣(28)とのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が好評の俳優、星野源(35)です。

俳優に、ミュージシャンにと今年一年、一人勝ち状態だった星野。よく犬顔や魚顔などとたとえられる星野ですが、離れ気味のつぶらな瞳に大きな口は、恐竜系男子にも当てはまります。

現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』でも徳川秀忠を好演しており、父親である家康のイヤミに気づかない鈍感な演技もあって、ずぶとい恐竜メンタルが感じられると評判だとか!?

ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)や『THE LAST COP』(日本テレビ系)など、話題作へのオファーが続く若手俳優、窪田正孝(28)も恐竜顔イケメンです。

小顔で有名な唐沢寿明(53)と並んでも、引けを取らない超小顔ですが、実はマッチョというギャップも彼の魅力の一つです。

私生活ではかなりの人見知りらしく、バラエティ番組に出演した際の、挙動不審かというほどの緊張ぶりに「守ってあげたい!」と萌える女性が少なくないようです。

映画、ドラマのみならず2011年からは歌舞伎界にも進出した俳優の香川照之(51)もまごうかたなき恐竜顔です。

ドラマ『半沢直樹』(TBS系)での迫力ある演技などで知られていますが、今年10月には、虫好きが高じて教育番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』(NHK)に出演。カマキリの着ぐるみ姿で昆虫の素晴らしさを語る本気っぷりにネットは騒然となりました。

その他にも、織田裕二(49)や藤原竜也(34)、椎名桔平(52)など、実力派イケメン俳優に多く見られる恐竜顔。ワイルドな色気がたまりませんね!

権利侵害申告はこちら