ハチ公前の喫煙所が…

東京・渋谷の駅前交差点には、誰もが知る「ハチ公」の銅像があります。渋谷駅の「ハチ公口」のすぐ目の前で、そこには2か所の喫煙所がありました。疲れて一服するには、最高の場所。しかしそこは、2016年11月1日をもって閉鎖されてしまったのです。

閉鎖された理由…それは、渋谷駅周辺の再開発に伴う都合により、公衆トイレの設置を余儀なくされたため。

ここをよく利用していた喫煙者にとったら、痛い問題…。

そこで、喫煙者には、モヤイ像周辺の喫煙所を利用するようにとお知らせが始まりました。

…ところが

11月初旬頃から、その撤去された喫煙所跡地が大変なことになっているとツイッターなどを中心に投稿が目立つようになりました。

渋谷のハチ公前喫煙所撤去でポイ捨てや歩きたばこの違法行為が絶えず、こどもが間違って誤飲するから怖い、という報道。「喫煙者の事も考えた駅設計を」と、いつも通り喫煙者に考慮した締め。報道は受動喫煙者が今までどれだけ考慮されず、被害を被っているかは相変わらず伝えない。

出典 https://twitter.com

喫煙所跡地周辺でも喫煙を続け、灰皿等も撤去されているため、そのままポイ捨てが後を絶たないのだとか。

モヤイ像への誘導もあまり効果がなく、恐らくいちいち移動するのが面倒というのもあるのでしょう。やはり駅を出て、すぐにサっと喫煙をしたいということなのかもしれません。携帯灰皿を持ち歩いている人も少ないのでしょう。

喫煙所撤去するとな携帯灰皿持ってない底辺喫煙者が好き勝手やるから良くないよ

出典 https://twitter.com

なんで携帯灰皿持とうと思わないのかねこれは…(´・_・`)

出典 https://twitter.com

携帯灰皿を周知した方がよさそう?!

タバコを捨てる場所がないので、ハチ公周辺全体を灰皿代わりに…?!

見るも無残なハチ公前。

渋谷区の対策

渋谷区では、「安全対策課きれいなまちづくり係」の人々が対策は練っているということは報道されていました。

渋谷は、各駅前を中心に、多くの人が集まるまちです。そのためか、吸い殻やごみのポイ捨てが目立ちます。
そこで、条例を定め、区と区民・区を訪れる人・事業者がそれぞれの責任を果たし、「美しく健全なまち渋谷」を目指します。
また、この条例に基づいて渋谷区では、きれいなまちづくりのための組織づくりや啓発活動などに努めています。

出典 https://www.city.shibuya.tokyo.jp

現に渋谷区では、禁止行為と罰金の条例も定められています。

次の行為は禁止されています。その違反は罰則(2万円以下の罰金)の対象となります。

・たばこの吸い殻、空き缶、チューインガムのかみかす、紙くず等のごみを捨てること
・落書きをすること
・犬のふんを放置すること

現在このハチ公前のポイ捨てで上記の罰金を適用している様子は、なかなか見受けられないようですが、実際にこうして定められていることですので、多くの人が対象となってしまいます。

実際に渋谷区では、こう提唱されています。

吸い殻、空き缶等を吸い殻入れ、回収容器に入れるか持ち帰る

出典 https://www.city.shibuya.tokyo.jp

しかし、そういったことを実行しない人が多くいるようです。

喫煙所を撤去したことによるさらなる問題(撤去するべきでない)!とする意見や、喫煙者の悪すぎるマナーが招いたことだと、人それぞれ考えもバラバラ。

テレビのニュースでは、ハチ公の銅像周辺は、毎日3回の清掃が行われていると報道していました。しかし、特に朝イチの清掃時には、大量の吸殻があたり一面に散らばっているという深刻な状況のようです。

非喫煙者にとっても怒り

せっかく便利な場所にあった喫煙所が撤去されてしまい、普段から利用していた喫煙者にとったら、怒りもあることでしょう。しかしそれと同時に、非喫煙者にとっても、現在のハチ公周辺の吸殻汚染は苦しい問題。両者にとって「怒り」となっているようです。

でもハチ公横はもう喫煙所ゾーンと化してる、吸殻落ちすぎてて引く

出典 https://twitter.com

ルール守れずガマン出来ないなら吸う権利もありませんので

出典 https://twitter.com

吸うなって場所で吸って吸殻その場に捨てる 規制されても仕方ないでしょ?

出典 https://twitter.com

現に渋谷区でも、喫煙者のマナーの問題だとしているようです。

吸殻だってゴミでしょ。それを誰かに処理してもらおうとする感覚が間違ってる。持ち帰れよ。

出典 https://twitter.com

自身で出したゴミ(吸殻)は、自身で持ち帰る!そういうマナーももっともっと周知すべし…

環境を汚したり、事故にもつながったりといいことはありません。

まずは「マナー」から…

さまざまな人の立場からの意見が蔓延していて、「コレだ!」という一つの対策に一気にたどりつくのは、時間もかかり難しいですが、まずは喫煙者のマナーをという声も多く聞かれます。

あのハチ公前の光景を少しでも不快に思ったら、マナーを考えてみるといいかもしれませんね。

喫煙者も禁煙者も、両者が「幸せ」を感じたいもの。まずは、喫煙者が携帯灰皿を持ち歩いたり、禁煙のエリアではタバコを吸わないことを徹底したりすることから始めてみるのも、改善への近道にもなるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら