NHK Eテレで大変お世話になった井桁容子先生。

井桁先生に、ママの代表として子育ての悩みを聞きまくる。

って本が、来年発売になります。

私の子育てで挫折しまくった話からの、考え方が変わっていった話も、たくさん書いていたり。

基本、先生の。なるほど!と、わかりやすい話やねんけど。

その、完成した内容を読んで、ふと思ったのが…。

もし、私が独身の時に、この本を読んでいたら。

先生は、特別な話をしている訳じゃなく、当たり前の話しかしてないやん。

って思うんちゃうかな?って思った。

トイレトレーニングだって、いつか出来るからいいやん!なんで必死にすんの?なんでママは悩むの?

って独身の私は思うはず。

でも、ママになった私は、周りはオムツとれてる!練習せな!なんで昨日出来たのに今日出来へんの!

ママになると必死になりすぎて、いつかできる!の当たり前の事なんか、どっかにいってしまう。

昔、隊長が靴を反対に履いてばかりの時期があり、自分で履いた事を誉めるべきか逆やと教えるべきか?

やたら悩んだ時期があった。

独身の友達が「履けたのを誉めてあげて、逆だよ~って教えてあげたら?逆だって事はそのうちわかってくるし、絶対にちゃんと履かせなくてもいいんじゃない?ママって色々悩んじゃうんだね~」

ごもっともな意見!

なんで、そんな当たり前の事を私はわからなくなってしまってたんやろ…。

今は、できないけど、いずれできる。

今、必死になって教えなくても大丈夫。

生きるか死ぬかの話じゃないのに…。

ちゃんとさせたかったのか?

ちゃんとって何?

今、出来ない事が一生続かないってわかってるのになんで、必死になるの私。

ママって、一生懸命やねん!

でも、ママの一生懸命で、子供を苦しめたら何の意味もない…。

育児してないからこそ、冷静にわかる事を優しく教えてくれた友達に感謝です。

自分の子ならイライラする事も、人の子なら笑っておおらかに見ていられる。

何でなんやろ、親としての責任?

責任の前に、子供の気持ちに寄り添わなあかんな…。

わかっちゃいるんやけど。

難しいなぁ~。

とにかく、1日最低1回、みんなでゲラゲラ笑おう!

権利侵害申告はこちら