Twitterユーザー“囚われのRovel(ラヴェル)”さんが先日公開した…

5分もあれば作れちゃう!とろけるココアプリンの作り方!

これが現在、Twitterを中心に話題沸騰中なので紹介したいと思います。

4万を超える“お気に入り”を獲得し、今も尚、たくさんの人々から注目されている…この「とろけるココアプリンの作り方」。

作り方はとっても簡単!

なお、用意する材料は

■ココア(カレースプーン山盛り2杯)
■砂糖(カレースプーンすりきれ1杯)
■卵1個
■水140ml

コチラの4点。あとは、よく混ぜ合わせ“2分10秒”レンジでチンすれば…

とろけるココアプリンの完成です!

画像から伝わる…極上スイーツ感。

これ、たった5分で作れるだなんて、信じられませんが…冗談抜き!本当に作れてしまうんです。

極上スイーツ「とろけるココアプリン」を作ってみた!

たくさんの方々が実際に作られていましたが、レンジの時間調整が難しいのか、失敗も多く見られた「とろけるココアプリン」。ですので、料理下手な私でも作れるモノなのか…実際に「とろけるココアプリン」を作ってみました!

“囚われのRovel(ラヴェル)”さんが紹介していた作り方を参考に、いざチャレンジ開始!

出典kota60撮影

使用したココア粉末は、“囚われのRovel(ラヴェル)”さんが使っていたモノと同じ、森永製菓の「ミルクココア」。また、砂糖は「ブラウンシュガー(三温糖)」を使用。

出典kota60撮影

まず、カップの中に卵を入れ

※大きめのカップが無かったので、お茶碗を代用!(笑)

出典kota60撮影

その上に

■ココア 大さじ 2

そして…

出典kota60撮影

■砂糖(三温糖)大さじ 1

を入れ

出典kota60撮影

よく混ぜ合わせます。

※混ぜ合わせるのにかなり時間がかかりそうですが、箸やスプーンを使って混ぜ合わせれば、30秒ほどで綺麗に混ぜ合わせる事が出来ます。

出典kota60撮影

続いて、綺麗に混ぜ合わせたら

140mlの水を入れ

更に、しっかりと混ぜ合わせます。

あとは、サランラップをして、レンジへ!500wのレンジであれば、2分10秒ほどで「とろけるココアプリン」の完成です!

出典kota60撮影

↑コチラが500wのレンジで2分10秒チンした状態。

出典kota60撮影

スプーンですくってみると、ちょっと柔らかかったのですが、トロトロのココアプリン。出来ていました!(笑)

全行程で5分もかかっていないのに、出来てしまった「とろけるココアプリン」。なお、食べてみると、“囚われのRovel(ラヴェル)”さんがおっしゃっていた通り、かなり甘さ控えめの味だったので、砂糖→大さじ2で再挑戦!その結果…

出典kota60撮影

お店で食べるような…極上スイーツが完成!

ちなみに、非常に難しかったのが、レンジのチン時間でして、↑の硬さにするには、我が家のレンジ(500w)では、2分30秒ジャスト。また、2分30秒を超えると、いつ何時、沸騰するかわからないと言った感じなので…要注意です!

※レンジによってワット数が違います。ワット数を調べるには、レンジ横に貼られているシール、または取扱説明書をチェック。周波出力数500wと記載があれば、ワット数は500ワットです。600Wのレンジをお持ちの方は、チンする時間を短めにして下さい。

カップの厚さ等も関係しているかと思いますが、2分30秒を過ぎた頃から、緊張感走る「とろけるココアプリン」。(笑)まずは、2分20秒ほどで試してみる方がいいかもしれませんね。

Twitterには、実際に作ってみた方々の声がたくさん!

滑らかな口溶け。これは何度も作ってしまう!

600wだと、2分20秒ほどで完成するんですね。

沸騰してしまうと…

おそらく3分以上チンすると、↑こんな感じに!

ですので、先程も述べましたが、最初は2分20秒(500wの場合)を目安に作ってみて下さいね!

これは作らないわけにはいかない!

寒い時期にピッタリの…極上レシピ。興味を持った方は是非一度、「とろけるココアプリン」。作ってみてはいかがでしょうか?

※コチラの記事は権利者の許可を得て制作しています。

極上スイーツ。コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら