8歳のこてつちゃんと、1歳のなむちゃんの2匹のワンちゃんと暮らすTwitterユーザーの「がくこ」さん(@vloc_ol)は、今年2016年の2月に残念ながらこの世を去った愛犬のゴローくんも一緒に過ごしていました。

柴犬のゴローくんは当時14歳と、人間の年齢では70歳を越えるほどの老犬だったのですが、老犬ならではの可愛さというものがあるようで、「がくこ」さんがそれを7つの『うちの犬が老犬になって可愛かったところ』としてイラストにされて話題になっています。

うちの犬が老犬になって可愛かったところ

「顔つきがマイルドになる」「滑り落ちながら眠る」「お風呂におとなしく入るようになる」「きまぐれに尻尾センサー作動」「歩く時の効果音」「自由に探検したがる⇒変な所に挟まり発見される」「長い間一緒にいるとどんな姿も愛おしい」など、7個の可愛いところをまとめられているのですが、見ているだけでほっこりしてきますね。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのイラストをツイートされたところ、7千近くのRT(リツイート)や1万以上のいいねが入るほど注目を集め、見た人たちからは…

・何度も読み返しちゃいました
ほっこり温かい気持ちになります
涙が出るほどほっこり嬉しくなりました
・見ているだけで笑顔になれるようなイラスト
・老犬はかわいいですね
・うちの老猫のことを思い出して落涙中
犬は老犬こそ完成形
・やはり7番に尽きる。犬は家族

などの声がたくさん届いています。

「がくこ」さん曰く、「老犬を飼うときのよろこびを共感して欲しいなあと思って描いた」ということなのですが、同じように老犬と一緒に暮らしている人たちや、亡くなった老犬に対しての気持ちを思い出した人たちからもたくさんの共感の声が寄せられていました。

ゴローくんの可愛さたっぷりのツイートたち

「がくこ」さんは、そんな老犬ゴローくんの可愛さが伝わってくるツイートをたくさん投稿されています。

「自由に探検したがる」というのがありましたが、これは探検中かな?

あ…でもこうなることも…。これが「変な所に挟まり発見される」ってやつか…(笑)

これは尻尾センサーかな?

どれもたしかに愛らしいですね!

7番目の「長い間一緒にいるとどんな姿も愛おしい」にも現れているように、老犬ならではの可愛さがあるんでしょうね。

とっても素敵なイラストでした。

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら