来年1月29日に入籍予定!長友佑都&平愛梨が結婚会見

かねてより真剣交際が報じられていた、サッカー選手の長友佑都選手と、女優の平愛梨さんが24日に二人揃って会見を開き、来年1月29日に入籍する予定であることを報告しました。

披露宴は、長友選手がシーズンオフに入る来年5〜6月ごろを目処に調整をしているとのことです。

会見終了後には、二人それぞれがSNSを通じて結婚の発表も行っていました。

現在イタリア語を勉強中という平さんは、1月末には仕事をセーブしてイタリアに移住する予定だそうで、「引退ではないので、また日本に帰ってくる時にご縁があれば」と無理のない程度に仕事を続けていく方針であることも明かしました。

プロポーズはインテルのホームスタジアムで!

会見冒頭には、まるで披露宴のような手作りムービーで、プロポーズの瞬間を披露した二人。

長友選手に「仕事場を見にきて」とイタリア・ミラノにあるインテルのホームスタジアムのピッチに招待されたという平さん。そこで突然現れた長友選手は跪き指輪を差し出して「俺についてきて欲しい」とプロポーズ♡

それに平さんは、「大喜びで!」とちょっぴり天然な返事でOKを出したのだそうです。

「彼女を思う心を形にしたかった」と、ハート形にカットされた大ぶりのダイヤが輝く婚約指輪は、ミラノのジュエリーショップで、長友選手自らがデザインしたものなんだそうです。

しかし、宝石にあまり感心がないタイプだという平さんは、見事な婚約指輪を目にした時に「指輪より”じゃがりこ”いっぱいの方が良かった!!」と超ド級な天然発言をしてしまったそうで、長友選手も「頭からズッコケそうになった」と当時のエピソードを振り返っていました。

さすがの天然エピソードですよね。

結婚の決め手となったのは”親に対する姿勢”

気配り、料理、ルックスと何をとっても”完璧な女性”と平さんに終始デレデレな様子を覗かせていた長友選手ですが、「結婚の決め手」を聞かれるとキリッと真剣な表情に切り替わり、「真面目な話になっちゃうんですけど…」とその経緯を語りました。

「子供が親にかけてきた苦労は、その子供が大きくなって、人生をかけて恩返しをしたとしても返しきれない。僕の人生の中で親への恩返しは使命的なこと。」と、両親をとても大切にしていると語る長友さん。

平さんはそんな彼から見ても尊敬できるほどに親を大事にする人だそうで、そんな姿を知った時に、結婚したいと強く思い、それが結婚の一番の決め手になったのだそうです。

子供は…○○人が目標!?

理想の子供の人数を聞かれ「11人です!サッカーチームができるくらいに!!」と大きな夢を語った長友選手に、平さんも「大歓迎です!」と笑顔で答えていました。

(※写真は長友選手の甥っ子さんです)

「子供もきっと元気に走り回ってるんだろうな…」と、二人の将来を思い描くそぶりを見せていた長友さんの姿は印象的でした。

将来が楽しみですね!!

末長くお幸せに!

今年、日本中に”アモーレ旋風”を巻き起こした二人。
これからは二人で力を合わせ、幸せな家庭を築いていってほしいですね。

末長くお幸せに♡

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら