1980年に制作されたホラー映画「シャイニング(The Shining)」の有名な1シーン「Here is Johnny!(ジョニーだよ!)」を、タトゥーではなく、なんと、ヘアカットで表現した…三度見必至の「ヘア・アート」。制作したのは

アメリカ、テキサス州サンアントニオにある美容室「Rob The Original」のオーナー“Rob Ferrel”さんでして、剃刀(カミソリ)やバリカンを使い、刈り込みながら描くというヘアカットアートは、自らを“マスター(達人)”と名乗るだけあって、その腕前は…冗談抜きで神業級!

今では、テキサス州だけではなく、全米中からお客さんが、Robさんの技術を求めて、やってくるのだとか。

一見、スキンヘッドに描いた「3Dタトゥー」のようにも見えますが…

これは全て、剃刀&バリカンを使って描かれた作品。

いかがですか?これが精巧なカットだけで描かれているだなんて…とても信じられませんよね。

ちなみに、日本にも、髪にラインアートを描くヘアスタイル「バリアート(バリカンアート)」が存在していますが、Robさんのヘア・アートは、他とは一線を画す神レベル!これは完全にアート作品と言っても過言ではないでしょう。

坊主頭に刈り込みを入れ、様々な模様を入れる髪形「バリアート」。以前、EXILEのATUSHIさんがされていたヘアースタイルがバリアートです。

なお、もともとアーティスト志望だったという…Robさん。学校卒業後、一旦、大工になったそうですが、2008年、弟の頭に毛がないモルモット「スキニーギニアピッグ」をバリカンで描いたところ、近所の人たちに大ウケ。そこで、初めて自分の才能に気付いたというRobさんは、美容学校に入学。そして、数年後、世界一アーティスティックな美容院をオープンさせました。

驚くほど緻密で繊細なヘア・アート。

本当に動き出しそうなレベル!

コチラはビートルズのアルバム「アビー・ロード (Abbey Road)」のジャケットを完全再現!凄い!いや、凄すぎる!

天才アーティスト“Rob Ferrel”氏!凄いのはヘア・アートだけじゃない!

先程も述べましたが、もともとアーティスト志望だったRobさん。他にも凄い作品をたくさん発表しています!

↑コチラは、切った後の髪の毛を集めて作ったという「ポートレート(肖像画)」。

また、コチラは塩を使ったポートレート。

やはり天才!何をやらせても凄い!

アメリカのヒップホップMCであり、俳優でもある「2パック(本名:Tupac Amaru Shakur)」を、美容室で使っているタオルで再現した圧巻のタオルアート。

車の汚れも、彼の手に掛かればこの通り!

レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」

メキシコ料理には欠かせない“トルティーヤ”仕様の「最後の晩餐」も凄い!

フォロワー数46万人!これは世界中にファンがいるのも…頷けますよね。

恋人や愛犬、好きな歌手やスポーツ選手など、なんでも頭に描いてくれるRobさん。なお、凝った作品は要相談とのことですが、簡単なデザインであれば20ドルほどで行ってくれるそうなので、アメリカテキサス州に行く予定がある方は、サンアントニオにあるRobさんのお店。訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら