26日に最終回を迎えるフジテレビ系「SMAP×SMAP」。先日、最終回の生放送出演はない事、そしてNHK紅白歌合戦の出場辞退も申し入れているという発表がありました。

そのため、すでに収録されている「SMAP×SMAP』最終回に放送される「世界に一つだけの花」が、5人揃って歌うSMAPを見る最後の機会となりそうです。

Song of X‘smap さらに好きになりました。

放送作家・鈴木おさむさんは「SMAP×SMAP」の放送開始の時から参加してたメンバーの一人。そんな鈴木さんが、自身のブログで最終回に向けた思いを語りました。

来週、月曜日12月26日。
20年と9カ月放送してきた「SMAP×SMAP」の最終回。
スタッフは毎日徹夜して、今までのSMAPの軌跡と奇跡を編集して作っている。

今日は23日で明日がイブ、そして明後日25日がクリスマス。

クリスマスの翌日に放送になるっていうのも、なんだか色んな気持ちがこみ上げてきます。

番組開始時からの20年9ヶ月、人生の半分近くをSMAPと共に歩んできた鈴木さん。その思いは、自身の思い出とも重なって、特別なもののようです。

家で仕事をするときに、SMAP25YEARSを聞いている。今聞くと色々な曲の歌詞が、また違った風景と感情を運んでくる。そして、曲の歌詞がその時は抱かなかった気持ちにさせてくれる。

Song of X‘smap さらに好きになりました。

出典 http://ameblo.jp

まさかこんなに長く続くとは

今から20年9ヶ月前。まだ鈴木さんは23歳、放送作家としても駆け出しでした。そんな鈴木さんを誘ったのが、ラジオで一緒に仕事をしていた木村拓哉さん。

あの頃、僕も23歳。まさかこんなに長く続くとは思いませんでした。

僕が、スマスマに入ったきっかけは、その前から木村君のラジオをやってて、スマスマが始まる時に、木村君から「大人が見れるバラエティーにしたいからやってくんないか?」と言われたのです。

木村君は僕と同じ年。
その頃、作家を始めて数年の僕を、よく誘ったなと、今振り返ると思います。

それ以来、ある時は笑い、ある時は戦い、ずっと一緒に番組を作り上げてきた鈴木さんの「SMAP×SMAP」愛はとても深く、ブログにも度々、番組の話題がでてきます。

先日、『ビストロSMAP』でタモリさんとのトークで話題になった番組タイトルのエピソードも、以前、明かしてくれていました。

SMAP×SMAPという番組は、番組が始まる前に、ジャニーさんが「ニューヨーク×ニューヨーク」という映画からひらめいて、「SMAP×SMAPだ!」とつけたんですよね。

出典 http://ameblo.jp

今では当たり前となったアイドルが取り組む本気のコントや体当たり企画、そして男性の料理がかっこいいというイメージに変わったのも、彼らがきっかけ。番組開始時の鈴木さんのこの言葉は、大きな結果を残したことは間違いないでしょう。

20年放送している番組「SMAP×SMAP」には番組放送開始から関わらせていただいてますが、この番組が始まるときに、初代プロデユーサーの荒井昭博さんに、「ディスコがクラブになり、スキーがスノボーになって、再びブレイクしたように、今まで芸人さんたちがやってきたことをSMAPがやることで、新しく格好良く見せることが大切」と言いました。

出典 http://ameblo.jp

解散報道の時にもブログに思いを

「SMAP×SMAP」の他にも数多くのSMAPの冠番組を手掛けている鈴木さん。解散報道の時には、SMAPの曲のタイトルや歌詞を、発売順に盛り込んだメッセージをブログに投稿。涙したファンも多かったですよね。

愛することを止めることは出来ないぜ!と飛び出してきた彼らは、正義の味方なんかあてにならない時代に、心の鏡をかざし、ネバーギブアップと励まし、笑顔のゲンキを配り、時には雪を降らし、ずっと忘れることの出来ない思い出を作り続け、君は君だから変わる必要なんかないからとささやき、あの頃はたった10$しか握りしめてなかったけど、いつもおおきにと、オリジナルスマイルを届け続けて、たぶんオーライと前向きに、

SMAPに見て欲しいと思って仕事をしてる

なんかね。ありがたいことにSMAPのお仕事沢山させてもらってますが、いつも、ずっと、SMAPのメンバーが見てるかもと思う気持ちがあってほかの仕事もしています。

そして、僕がやってる番組でSMAPの番組じゃないものを、ちょっとでも悔しがってくれないかなと思ったりして、やってます。

だけど、ちょっと育ったそんな心も、SMAPと大きな仕事をする度に打ち砕かれて。その繰り返し。だから今日もそう。

自分にとって、そういう人がいるって本当にすごいことだし、ありがたいことだなと思ってます。

出典 http://ameblo.jp

僕だけじゃない。この世界で頑張っているプロでそう思っている人達は多いだろう。

出典 http://ameblo.jp

この言葉は、同じ仕事とする仲間として最高の褒め言葉であり、同時にお互いにとってさらなる高みを目指して行ける大きな力となるはず。

そして同業者だけでなく、SMAPとともに歩いてきたファンや、彼らに勇気やをもらった人たちも、きっと同じような気持ちで頑張ったり、何かを乗り越えたりしてきたこともあるのではないでしょうか。

ネガティブに引っ張られないでSMAPを讃えよう

連日いろいろなニュースや記事、噂が出ていますが・・・今、僕が出来ることは。番組を出来る限り全力で作ることと。そして。

SMAPがすごい。
SMAPはすごいんだと。
SMAPを讃えること。

今、そんな気持ちになんかならないよ!という方もいるとは思いますが。ネガティブな記事にひっぱられてネガティブな気持ちが渦巻くと、もっと色が黒くなっていく気がするんです。

だから。彼らのこれまでのすごさを讃える記事やニュースが少しでも増えるといいなと個人的には思っています。

もうすぐ20年9ヶ月続いた「SMAP×SMAP」も最後の放送を迎えます。そしておそらく、それがSMAPとしての5人を見ることができる最後の機会となることでしょう。けれど、今までSMAPからもらった笑顔やパワーは、ずっとそれぞれの力になって残り続けるもの。それはとても、幸せである事に違いありません。

『僕は。スマスマ年内で、終了、とは言わず、ファイナルを迎えます!と言いたい。』

出典 https://www.instagram.com

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら