記事提供:AbemaTIMES

「わが子の写真のあり方」が変わってきている。

昔はわが子の写真を公開するのも写真館の店頭ぐらいだったが、年賀状などで使用する時代が到来。ただし、それは親しい知人など、限られた人たちの間だけだった。

SNSが生活の一部となった今日、FacebookやInstagramなどで可愛いわが子の写真を公開する親が急増、親たちを対象とした写真教室も人気になっている。

「子どもの写真もSNSにアップしている。『いいね』はやっぱり子どもの写真の方がいっぱいつくし、インスタグラムも子どもの写真の方がやっぱり『いいね』数は上がるかなと思う」

「赤ちゃんの写真とかは(いいねが)結構つく。つくとやっぱり嬉しいから(わが子の)写真をもっと撮りたいなというのはある」と教室に通う親たちは語る。

育児雑誌「MiRAKUU」の堀川伸一編集長は、「孤立しがちな育児中の親にとってSNSで“いいね”をもらうと社会の一員であることを確認でき、心の安らぎを得られる」と指摘する。

カリスマママブロガーとして活動し、自身も2歳の子どもの写真を公開している中道あすか氏は「私も子どもの写真の育児ブログを見て助けられたり支えになった経験がある。子どもを(SNSに)あげることで色々教育を受けさせてもらったりするので、メリットもたくさんある。一概に全部がダメというのはどうなのかなと思う」として、「幼少期のみの一時的なもの」であれば公開には賛成だと話す。

だがその一方で、SNSを通して自分が不特定多数の人たちに見られることを理解していない“SNS晒されチルドレン”が誘拐などの犯罪に巻き込まれる可能性を指摘する声もある。

「みんな自分の子どもがどうなったか見てほしいというのはあると思う」と語るのは、Webコンサルタントの永江一石氏。

永江氏は親たちに「親のために載せられる子どもの立場はたまったもんじゃない。アップしすぎると嫌われるからやめた方がいい」とアドバイスするそうだ。

東京未来大学こども心理学部長の出口保行教授は「犯罪心理学の立場で言うと、このような提示の仕方は自己顕示欲求の現れ」と解説。

「拡散されて、自己顕示欲求が満たされるのは別に構わないが、写真やモノが一人歩きをした時に犯罪のターゲットになることがあるという点には十分に気をつける必要がある」と指摘した。

今後ネット上に自分の写真が出回り、それらを自分の力では消すことができないという状況が現れると強調するのは、慶應義塾大学の若新雄純・特任講師。

「ある年齢になった時に、自分が望んでもいない写真が多くの人に見られているというのは、結構大きな影響を受ける気がする」と述べ、自分の裸の写真を親が親戚中に見せていることを恥ずかしく思った経験を振り返った。

SNSでわが子の写真を公開することには、どのようなリスクが伴うのか。

アメリカでは近年、インターネットからダウンロードした他人の子どもの写真を自分の子どもとしてSNSに投稿する“デジタル誘拐”も問題になっている。

また、フランスでは今年3月、新たに「プライバシー法」を施行、本人の同意なく子どものプライベートな写真をSNSに公開した場合、懲役や45000ユーロの罰金が課せられる可能性がある。

これに対し日本では「親が未成年の子どもの写真を“勝手に撮って投稿する自由”、いわば表現の自由があるため、公開差し止めは基本的に難しい」(弁護士法人・響 徳原聖雨弁護士)という状況だ。

出口教授は「(誘拐事件で)どの子を狙うかとなった時に、こういったもの(SNSの写真)を利用する可能性は十分にある」とその危険性を示唆した。またそれは誘拐事件だけではなく、ストーカー事件にも利用される可能性もあると指摘した。

SNSに子どもの写真をアップする際は公開範囲や、そのリスクなどを慎重に検討したほうが良さそうだ。

(C)AbemaTV

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら