もうすぐクリスマス!サンタさんを楽しみにする子供たち…

出典aoi画

そろそろクリスマスですね。

ツリーを出したり、ケーキを予約したり、街もすっかりクリスマスムードです。

小さなお子さん達は、サンタさんへ手紙を書いて、プレゼントを心待ちにしているのではないでしょうか。

親もこの時期は一苦労、プレゼントの内容を聞いたり、子供に疑われない様にプレゼントを買いにいったり。

自分が小さい時を思い出すと、親も大変だっただろうなと思います。

サンタを信じているのは何才まで?家庭によってバラバラ

出典aoi画

サンタさんの正体を知ったのは何才の時でしたか?

小学校低学年の頃は、ほとんどの子が純粋に信じていました。しかし、高学年になると、意見が分かれる様です。

筆者の娘も高学年。クラスのお友達が遊びに来た時にちょっとした小競り合いがありました。

『サンタなんていないよ!お母さんがサンタはお父さんだって言ってたもん!』
と友達に言われてしまったのです。

これに対し、『違うよ!サンタはいるもん!』とサンタを信じている娘は返しました。

実際、クラスの半分以上はサンタはいないと言っているらしく『サンタいる派』と『サンタはいない派』で論争になる事もある様です。

サンタはいないと知ってしまったクリスマス

出典aoi画

あなたがサンタはいないと知ってしまったのは何才の時でしたか?

筆者は小学5年生のクリスマスでした。

ワクワクして起きたクリスマスの朝。

その日枕元にあったプレゼントは、サンタさんに頼んであったプレゼントとはまるで違うものでした。

母親に泣きながらその事を告げると…

『サンタはパパだもの。あんたももう大きいからサンタは来ないってことよ』と言われたのです。

真実はどんな方法で知ってもショックを受ける

出典aoi画

両親は、小学5年生にもなれば事実を知っているだろうと思っていたのだそうです。

最後のプレゼントにと簡単なお菓子の袋詰めを置いたのだそうです。

しかし、本当にサンタを信じていた筆者は当時ものすごくショックを受けました。

他にも、夜枕元にプレゼントを置く父親の姿を見て正体を知ったり、学校で友達に教えられて気づく子もいるそうです。

ただ、サンタさんはいなかったんだと知るのは、どんなタイミングだろうとどんな状況だろうと子供にとってはショックを受けるものです。

大人を含め世の中全体で守っている『サンタさん』と言う存在。

それはキラキラしたもので、世の中にはどこかにやっぱり魔法があるんだと信じさせてくれる不思議でいて素敵なものだったのに。

『サンタさん』の正体を知った瞬間。世界に裏切られたような気持ちになるのです。

サンタクロースはいるんだよと教えてあげて

出典aoi画

世界には本当に公認サンタクロースがいて、クリスマスに家族と一緒に過ごせない子供達の為にプレゼントを配りに行っているそうです。

筆者は、娘にこう話しました。

『サンタさんは本当にいるよ』

『だけど、サンタさんは、うちには来れないの。クリスマスに家族と過ごせない子供達の為にプレゼントを配りに行っているから』

『だからね、パパやママがサンタさん役をしているんだよ』

『サンタさんの、子供達の笑顔を見たいって気持ちを大人みんなで守っているんだよ。だから、あなたも大人になったら同じようにサンタさんの気持ちを守ってあげてね。』

娘は、納得し『大人になったら、サンタさん頑張るね!』と答えてくれました。

世界全体でサンタの秘密を守っているのは本当にすごいことですよね。テレビ番組や、ニュースでも、やんわりとサンタの秘密は守られています。

クリスマス世界中の子供達が笑顔になれますように願っています。

この記事を書いたユーザー

aoi このユーザーの他の記事を見る

今まで読んでくださった皆様ありがとうございました。
お仕事の依頼はツイッターまで

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 育児
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら