出典Spotlgiht編集部

ドラァグクイーンのナジャ・グランディーバさんが、男女の悩みにモノ申すコーナー「オネエに白黒つけさせて!」

いつも素敵におしゃれして登場してくださるナジャさんは、なんと1メートル100円の布を購入して衣装を作ったり、キーホルダーを指輪に変身させたり、色々な工夫をされているのだとか。

そんなナジャさんが、今回も読者のお悩みに答えてくれました。なんでも、同棲中の彼氏のある行動がどうしても気になるそうで…

結婚も視野に入れて付き合っている彼がいます。同棲をはじめて3ヶ月になるのですが、どうしても許せないことがあります。

それは、“トイレの便座を上げたままにしていること”です。毎回、トイレに入ると便座が上がっており、下げる作業をしなくてはいけないのが苦痛です。潔癖症なので、できれば便座に触れたくないし、彼には便座を下げてもらうよう伝えているのですが、子供の頃からの習慣らしく、そう簡単に直らないようです。

何かいい方法はありませんか?ナジャさんに教えてもらえたらうれしいです。(26歳女性・友里恵さん)

出典Spotlight調べ

ナジャ:これ、一緒に暮らしはじめたカップルが揉めやすいテーマやね。私は立って用を足すけど、今は便座に座ってする男性も増えているみたい。奥さんに「飛び散るからイヤ」「立ってやるなら自分で掃除して」って怒られちゃうらしいよ。

座ってせざるを得ない状態を作ってしまえ

出典Spotlgiht編集部

ナジャ:しかも、この彼女は潔癖症やから、ますます嫌なんやろうね。この場合、彼が便座を下ろすように仕向けるか、彼が座って用を足すようになるかの二択な気がする。まずは彼が便座に座っておしっこするような状況を創りだすことを考えてみたらいいのかも。

彼を座らせればええんやから、トイレのドアの内側に板を直角に貼って、簡易デスクを作ってしまうのはどう?「私、トイレでパソコン触ったりしたいから♡」とか言って、立って用を足そうとすると腰に突き刺さるから、便座に座らざるを得ない状況に追い込むの。

↓こんな感じ!

座ってするのは問題なし

出典Spotlight編集部

立ってやろうとすると腰に突き刺さる

出典Spotlight編集部

実際の飛び散り具合もすごいらしい

トイレのお掃除グッズを販売しているライオンさんのサイトによると、便器の内外問わず、「こんなところにまで!?」というぐらい飛び散っているのだそう。

男性がオシッコをすると、便座のフチや床、その周囲にビックリするくらい尿滴が飛び散ります。なんと1日で便器の手前から10cmの場所には約200滴、床全体では約2300滴ものオシッコが飛び散っているとか。

出典 http://look.lion.co.jp

ナジャ:これは潔癖じゃなくても嫌やね!彼女が言うように、立ってするのは習慣やから、それを直そうとするのはなかなか難しいのも事実。それならやっぱり座らざるを得ない状況に持っていくしかないよね。

たとえば、便座が上がっている間だけ、不快なモスキート音を流すとか。あとは、これだけ飛び散りがすごいっていうのを思い知ってもらうために、彼のお気に入りのフィギュアコレクションとかを便座のすぐ横にディスプレイしちゃう。そうしたら、飛び散りがかかるの嫌がって座ってしてくれるんちゃう?

でも、一番オススメなんは…

出典Spotlgiht編集部

【結論】トイレの絶妙な位置に鏡を置く!もしくは社長の顔写真や名刺でも可。

ナジャ:これはある意味賭けやねんけどな(笑)。ゲイバーでは、よく鏡が置いてあるトイレがあるのよ。自分の大事なものがバッチリ映る位置にね。なぜかというと、ゲイはそういうものを目にすることで、ちょっとムラムラした恋愛気分にスイッチを入れるという狙いがあるの。カップルが成立しやすくなる効果を狙ってるわけ。

でも、ストレートの男性が彼女と暮らす日常生活のなかで、トイレに鏡なんか置かれて、自分のモノを見ながら用を足さなくちゃいけないなんて、落ち着かないしイヤやろ?(笑)だから大人しく座ってやってくれるようになるはず。

もしくは、社長の写真とか名刺を置いておくのもいいかもね。なんだか見られているような気がして落ち着かないから、座ってくれるようになるんじゃないかな。

【ナジャ・グランディーバ プロフィール】
関西のドラァグクイーンとしてショーやイベントで活躍する傍ら、最近ではタレントとしてもバラエティ等に出演。関西テレビ「ダレトク」、福岡放送「クロ女子白書」では準レギュラー、MX「バラいろダンディ」では月1レギュラーとしてマルチに活動している。

▼恋愛、夫婦、人間関係など、お悩みはありませんか?ナジャ・グランディーバさんがズバッと解決してほしいお悩みはこちらから。

<取材・文/まつざきみわこ 写真/長谷英史>

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら