■あるハッシュタグが大きな話題になっています。

それがこちら

出典ももかん

既存の映画タイトルの一部を「会社」に変更すると、なんだか切ないフレーズになるというもの。さっそく多くのTwitterユーザーが投稿し大きな話題となっています。

ということで、その数多く投稿されている中から、独断と偏見で選び出した面白い作品をご紹介していきたいと思います。

①「ホームアローン」→

出典 https://www.amazon.co.jp

言わずと知れたクリスマスを舞台にした名作。

夜、1人の会社。ある意味仕事がはかどりますが、つらい。

②「名探偵コナン漆黒の追跡者」→

出典 https://www.amazon.co.jp

2009年公開の劇場版

ブラックどころではないです。漆黒です。

因みに今年公開されたのは「名探偵コナン 純黒の悪夢」ですね。こっちもなかなか…

③「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」→

出典 https://www.amazon.co.jp

ハリーポッターシリーズ第3弾

おおう…

④「ハリーポッターと秘密の部屋」→

出典 https://www.amazon.co.jp

ハリーポッターシリーズ第2弾

ハリーポッター2連発。その部屋では映画よりも奇妙なことがたくさん…

⑤「桐島、部活やめるってよ」→

出典 https://www.amazon.co.jp

新しい門出の可能性も。

⑥「バック・トゥ・ザ・フューチャー」→

出典 https://www.amazon.co.jp

2の内容が今年のトランプ勝利を予言していたとして話題になりました。

直帰は許されません。

⑦「メン・イン・ブラック」→

出典 https://www.amazon.co.jp

名作SFですね。

ブラックずくめ。つらい。

⑧「借りぐらしのアリエッティ」→

出典 https://www.amazon.co.jp

宮﨑駿監督作品。

帰れないんですね…。

⑨「硫黄島からの手紙」→

出典 https://www.amazon.co.jp

クリント・イーストウッド監督による、硫黄島の戦いを日本側の視点から描いた戦争ドラマですが…

つらい。突然の異動通知はつらい…

⑩「俺たちに明日はない」→

出典 https://www.amazon.co.jp

これも名作映画ですね。

それはそれで困るんですよね。

■他にも続々投稿が

どんどん集まる、なんだか切ない映画タイトル。「あるある」としみじみするもよし、笑い飛ばすもよし、興味ある方は覗いてみると楽しいかもしれないですよ。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

人生の岐路に立ってしまっている30代です。日々勉強中。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら