マンガ雑誌「モーニング」に掲載された読切マンガに注目

映画化された人気作「宇宙兄弟」や、ドラマ化された話題作「コウノドリ」、「会長 島耕作」「クッキングパパ」など、大ヒット話題作満載の青年コミック誌「モーニング」。

30代を中心とした20代~50代の幅広いサラリーマンを読者対象にもつ人気マンガ雑誌ですが、こちらに掲載されたある読切マンガがネットで話題を呼んでいます。

「子育て中のママに読んでほしい!」女性陣からの共感が殺到!

男性が多数を占めると思われるマンガ雑誌で、女性たちから多くの感想が寄せられるマンガがありました。Twitterでも、女性読者からのプッシュの声が多く上がっています。

・うわああああ何これ切ない…本当にこれでいいんですかね。子持ちの人は読んで。

・育児がリアルでおもしろい。ちょっと泣いた。


・子育て中の人には是非読んで貰いたい!!


・めっっっっっっちゃ良かった。幼児持ちにぜひ読んでほしい……


この漫画、共感しすぎて涙出てしまった……子育て中なら誰しもわかる感覚な気が

「どうして女性誌ではなく、男性誌に投稿したんだろう?」と疑問の声も上がるくらいに「育児がリアル!」「共感できる」と女性から支持されるマンガとは…

新人賞に投稿されたマンガ「元女神のブログ」本間実

東京都の本間実(ほんままこと)さん(30歳)が雑誌モーニングに投稿したマンガ「元女神のブログ」です。

マンガ雑誌「モーニング」では新人マンガ家発掘のため、毎月マンガ選考を行う「新人賞 モーニングゼロ」が設定されています。本間さんが投稿したこのマンガは、2016年10月期の佳作を受賞し、12/8(木)発売・配信開始した雑誌「モーニング」と雑誌「週刊Dモーニング」2・3合併号に掲載されました。

主人公は、元「泉の女神」

マンガの主人公・森野泉さんは、元「泉の女神」。あの「金のオノ銀のオノ」の物語に登場する、泉に住む女神様です。

200年間、森の奥の泉で女神を務めていた彼女ですが、ある出来事がきっかけで人間の男性に恋をし、龍神の力を借りて人間に変身・結婚することが出来ました。そして、人間としての生活が始まるのです。

…と説明すると、なんだかファンタジー色豊かなストーリーのように感じますが、このマンガのポイントはファンタジーな設定なのに「元女神の日常、行動、悩み」が、人間女性のそれとほぼ同じであるということなのです。

人間となり、結婚して、一児の母に…

家庭に入り、子どもを出産した「元女神」森野泉さんの日常は、家事、子育て、ママ友とのおしゃべり。やっていることは、普通の人間のママとほぼ同じです。

子育てをしたことのあるママなら「あるある」すぎるような、一般女性の子育てと同じリアルな生活が描かれています。

そして、泉さんは日々ブログを書いています。作った料理のこと、子育てのこと、夫とのなれそめ、いまの自分の感情もブログでは綴られていました。このマンガでは、泉さんのブログの文章を基底としながら物語は進んでいきます。

「私の過去は、何のためにあったんだろう…」

そんな日常をおくっていた森野泉さん。夫の実家を訪れたときに、義父からの何気ない一言に大きなダメージを受けたことをママ友に吐き出すところから、ストーリーは始まります。

もともと泉の女神だった泉さんに、夫との出会いのきっかけをつくってくれた義父。久しぶりに再会した義父は、泉さんにこう言ったのです。

「おれと初めて会ったときの神々しさがなくなったな」

出典 http://www.moae.jp

昔のいづみさんにゃあ ひとめ見りゃ誰でも正直にさせちまう力があったよ

出典 http://www.moae.jp

義父の言葉を受けて、かつて女神だった自分、いま母となった自分を比較して、泉さんは悩みます。

そして、その気持ちを自分のブログの中で「私は愛しい娘の「母」になるために200年という時間を過ごしたのでしょうか。」と自問自答しはじめます。

女神であった自分が「私」ならば 

母となった今 

「私」はどこに在るのでしょうか?

出典 http://www.moae.jp

結婚、妊娠、出産を経て、元女神である森野泉さんだけでなく、母となった女性の生活はガラリと変わってしまいます。かつての自分と、いまの自分を比較して悩んでしまうということは子育てを経験した女性なら一度は経験することではないでしょうか。

子育て中の女性にとって「あるある」なネタであるというだけでなく、読切マンガとしても秀逸な作品に仕上がっており、ふだん「モーニング」を読んでいる読者にも強く響いているようです。

「読者をキチンと意識している」選考会でも絶賛の嵐!

この「元女神のブログ」を佳作に選んだ編集部員たちの選評でも、「心地よく読ませる技量に敬服しました」と作品のクオリティの高さが絶賛されていました。

導入部の玩具を取り合う子供から、愚痴、ブログという道具立てまで生々しく、そこにファンタジー設定が潜り込んでいるんだから目が離せません。

出典 http://www.moae.jp

「泉の女神が引退、結婚して生まれた子供の様子をブログにあげていたら」という、興味を引かれる企画が素晴らしいです。突拍子もない設定でありながら、子供の動作など細かい描写が丁寧で、リアリティを底上げしてくれています。

出典 http://www.moae.jp

冒頭の3ページで一気に心を摑つかまれ、ページをめくる手が止まりませんでした。ファンタジックな世界ながらも、主人公の悩みや思いに共感することができ、キャラにリアリティを感じました。

出典 http://www.moae.jp

雑誌を見逃した人も大丈夫!公式サイトで全部読めます。

新人作家の読切マンガのため、今後コミックとして出版されるかどうか、その予定は全くわかりません。

しかし!このマンガは講談社が運営するWebコミックサイト「モアイ」で全編公開されているのです。気になった方は、ぜひサイトでじっくり読んでみてください。

そして、このマンガに登場する泉さんのママ友さん。元女神である泉さんに理解のある女性だなぁと思ったら、どうやら彼女も元○○という経歴の持ち主のようなので…、彼女を主人公にした続編も作成されるかもしれません。

作者・本間実さんの次回作にも期待です!

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら