記事提供:Conobie

ぐずる息子のあやし方から、親子の愛のかたちについて考えました。

近頃、息子の夜泣きがひどく、毎日深夜に大号泣されます。

安易に抱きしめたり背中トントンしようものなら激しく拒否!

完全にねぼけている様子…。

そんな時、なぜか私のヒジを触ると泣き止みます。

なぜヒジなのか謎ですが…。

お母さんの耳たぶを触りながら寝る子もいるらしいので、落ち着くのかもしれません。

泣いている我が子をギュッと抱きしめて、優しい言葉で語りかけて寝かしつけしたくとも、

少しむなしいです。

子育てを始めて気付いたのは、親子の愛情は下の図のように分かりやすくシンプルなものだけとは限らないこと。

親子間でケースバイケースで、一目で分かる模範的な愛情だけではないように思います。

例えば、事情を知らない人にはこう見えることも、

こんな経緯があるのかもしれない。

他から見てあれっ?と思うことも、その親子の間では何度も試行錯誤の末落ち着いた一つの形かもしれない。

そんなことに思い至ったのは子育てを始め、様々な変則事態に遭遇してからでした。

自分で経験しなければ想像もしない展開にしょっちゅう陥ります。

教科書通りの手の掛け方だけではないイレギュラーな対応が次々求められる子育て。

どれだけ愛しているか、どれだけ大切に思っているかは傍目からは簡単に測れないものだと感じます。

権利侵害申告はこちら