記事提供:messy

1年半もの長期間にわたった大統領選もようやく終わり、今はトランプ次期大統領が組閣作業の真っ最中だ。その人選についていろいろ批判も出ているがそれはさておき、実は敗退したヒラリー・クリントンの“ニュールック”が話題となっている。

選挙の後、ヒラリーはすっぱりメイクを止めてしまったのだ。選挙戦中はヘア・メイクを一分の隙もなく整え、ディベートにはラルフ・ローレンのパンツスーツで臨んだヒラリー。

しかし選挙後にヒラリーとばったり出くわしたラッキーな元支持者たちが撮ったヒラリーとのツーショットを見ると、どれも素顔でおどろくほど清々しい笑顔。そうした写真をアップするインスタグラム・アカウント@HRCintheWildまで出来ている。

年齢相応のシワもあるが、至って健康的な笑顔を見ると、ヒラリーは根っからの政治家なのであって、メイクやファッションに費やさなければならなかった時間とエネルギーも本当は仕事に注ぎ込みたかったのだろうと思える。

ヒラリーはシカゴの労働者階級の家庭出身だ。イェール大学のロースクールに学び、コネチカットで弁護士となっている。

東海岸の都会派だったヒラリーは、若い頃は当時の流行に乗って大きなメガネをかけ、派手なストライプのパンツを履いたりもしていた。ところがビルとの結婚でアーカンソー州に移って知事夫人となったため、保守的なファッションを強いられることに。

以後、ファーストレディを経て自身が上院議員、国務長官となるわけだが、女性であるがゆえに常に周囲からのファッション・チェックに悩まされた。

特にファーストレディ時代には、ファーストレディにとっての任務「アメリカを代表する女性として世界にポジティブなメッセージを送る」に努めた。

そこにはファッションリーダーになることも含まれており、つまりヒラリーは長年、自らのファッションに込められるメッセージ性に細心の注意を払わなければならなかったのだ。

だからこそ選挙に破れはしたものの、「ノーメイクでももう誰もモンク言わないでしょ!」とハッピーなのだろう。

これはヒラリーに限った話ではない。現在のファーストレディであるミシェル・オバマはオバマ大統領と同じくハーヴァード・ロースクール出身の超エリートで、大統領が上院議員の時代は夫よりも年収が高かった。

しかし夫の大統領選出馬に際して自身のキャリアをいったんストップし、ファーストレディになるや即ファッション・アイコンにもなった。

2008年の大統領就任式の晩餐会ではジェイソン・ウーという、当時はまだそれほど知られていなかったマイノリティ・デザイナーの白いドレスを纏ってアメリカ中をうならせた。

後にバッキンガム宮殿でエリザベス女王の晩餐会に出席した際のトム・フォードのドレスも見事だった。また、ホワイトハウスに安倍首相夫妻を迎えた日にはタダシ・ショージを着る気遣いも見せた。

一方、日常ではJ.Crewの既製服を着て世間をあっと驚かせた。リーマンショック後の不況下で失業率も記録的に高かった時期だけに好感を持たれた。その後はあらゆるデザイナーのドレスを着たが、普段はノースリーブの花柄のワンピースが特にお気に入り。

当初はファースレディが常に二の腕を露出していることをとやかく言う声もあったが、エキササイズで鍛えた健康的な腕はやがてミシェルのトレードマークとなった。

ファッション・アイコンとなったファーストレディと言えば、ジャッキー・ケネディ(1929–1994)も外せない。ジャッキーは1961年から夫ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されるまでの約3年間ファーストレディだった。

裕福な家庭の出身ゆえにファッションの好みも上流風で、シンプルだが上質なスーツやワンピースに、ピルボックス・ハットと呼ばれる小さな丸い帽子がよく似合っていた。

今、アメリカではナタリー・ポートマンがジャッキーを演じた伝記映画『Jackie』が公開中だ。ジャッキーのドラマチックな人生を演じ切ったポートマンの演技力が高い評価を得ており、同時に当時のファッションも存分に楽しめる。

ジャッキーの娘であるキャロライン・ケネディ駐日大使もブロンドの幼い少女として登場する。

そして来る2017年。メラニア・トランプがファーストレディとなる。メラニアは元モデルだけあって長身でスタイルも良く、デザイナーブランドも着慣れている。

大統領選投票日の夜、夫ドナルドの勝利演説時にはラルフ・ローレンの純白のジャンプスーツ姿で登場した。

同じラルフ・ローレンであってもヒラリーがディベート時に着たネイヴィーブルーのフェミニンながらかっちりしたパンツスーツとは全く異なる、非常に優美なデザインだった。ちなみにお値段は4,000ドル(約46万円)也。

だが、メラニアは異例尽くしのファーストレディとなりそうだ。10歳の息子バロンを転校させたくないという理由でホワイトハウスに移らず、ニューヨークに留まると言う。

この件について多くのニューヨーカーが憤り、「メラニアはニューヨークに留まるな」の署名運動まで行われている。

と言うのもファーストレディ警護のためにニューヨーク市警は1日に100万ドル(約1.15億円)を使わねばならず、もちろん市民の税金から出されるからだ。

実のところ、メラニアがホワイトハウスに移らないのは息子だけが理由だろうか。ミシェルを見ればわかるように、ファーストレディは多忙だ。

各国の首脳が訪れるたびに公式の晩餐会、国内の多々ある行事に出席し、時には単独で外国訪問、そして各ファーストレディ独自の社会貢献…。

ミシェルは子供の肥満を防ぎ、健康的な食生活を推進する“Let's Move!”運動を8年間続け、今では途上国の女の子の教育支援運動“Let Girls Learn”も始めている。

さらに今回の大統領選ではヒラリーへの応援演説があまりの名調子で、「オバマ大統領をもしのぐ!」とさえ言われた。

かたやメラニアは、それほど社交的ではなく、家庭に留まりたいタイプだと自ら語っている。加えてスロヴァニアからの移民で英語は第一言語ではない。

日常生活にはまったく支障のないレベルで話しているが、世界の首脳夫人たちと渡り合うのは荷が重いのかもしれない。

メラニアの登場をうけて徐々に言われ始めたのが、ファーストレディへの予算削減だ。大統領の年俸は40万ドル(約4,600万円)だが、ファーストレディに報酬は無い。

しかし前述した多忙かつ多岐にわたる活動を支えるために20人程度の職員が付き、人件費の合計は年間160万ドル(約1.8億円)にも上る。ちなみに服飾費は含まれていない。いわゆる普段着は公費ではなく、自腹とのこと。

晩餐会などで着るイブニングドレスは有名デザイナーからのギフトであることが多く、着用後は米国国立公文書館に収められる。

いずれにせよメラニアがニューヨークに留まるのであればファーストレディとしての活動は極端に減るため、大量の職員は不要となる。

そもそもアメリカほど女性の社会進出が成されている国にあって、大統領一家は今も「伝統的な家族」像を見せなければならず、そのためにファーストレディが本来のキャリアを諦める習慣にも疑問の声が上がっている。

さらに、今回は惜しくも実現しなかったが、近い将来に米国でも女性大統領がきっと誕生する。そうすれば夫が「ファースト・ジェントルマン」と呼ばれることになり、ファーストレディ不在となるのである。

アメリカを代表する女性として世界にメッセージを発することが求められ、しかしあくまで大統領の「妻」役に終止しなければならない現在のファーストレディ。

ノーメイクで現れたヒラリーの姿は、彼女がこれまでファーストレディとして、女性政治家として背負ってきた重圧からの解放を意味しているのかもしれない。

堂本かおる

ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。

サイト:New York Black Culture Trivia from Harlem
ブログ:ハーレム・ジャーナル

権利侵害申告はこちら