Evernoteがプライバシーポリシーを改定。その内容が、サービスを向上を目的ではあるものの「Evernote社員がノートを閲覧できる状態にする」ということで物議をかもしています。

ノートが一部社員に公開へ

一部の Evernote 社員はアカウントのコンテンツへの機械学習テクノロジーの適用を監督することが可能になります

出典 https://help.evernote.com

ライフログやメモ、ビジネスで使用されているサービスEvernote。2017年1月23日より導入されるプライバシーポリシーの更新を「プライバシーポリシーの更新に関するお知らせ」の中で告知。その内容というのは「一部のEvernote社員が内容を確認する」ということで、ユーザーは混乱している様子。

史上最悪なプライバシーポリシー更新

ノートが公開されることで見られたくないメモも見られるというイメージが強いためか「(何を書いてあったか)確認しておかないと」「(ユーザーは)プライバシーもないですね」と心配する声があがっているようです。

閲覧を回避する方法とは?

テキストの暗号化は、Evernote for Mac および Evernote for Windows Desktop で可能です。

出典 https://help.evernote.com

Evernote公式からは閲覧されたくないユーザーは暗号化をするように伝えている。「Evernote のノートに含まれるコンテンツを暗号化する方法」の中で手順を記しています。

尚、一部のEvernote社員は「これまでも常にユーザーのコンテンツにアクセスが可能だったが、どういうわけか誰にも気づかれなかった」と記しており、これも後から知ると驚きですよね。

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら